新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: ドイツ連邦共和国

拡大生産者責任(EPR)に関する教育

概要

このページでは、拡張生産者責任(EPR)の要件に関する背景と重要な詳細を説明します。

ドイツおよびフランスのEPR法の具体的な情報については、以下のいずれかのページをご覧ください。

このEPR教育ページに加えて、AmazonではEPRの要件を満たすためのソリューションを開発しました。以下のリンクからアクセスしてください。

一般的な情報

何が変更され、何をする必要がありますか?

2022年以降、フランスやドイツで商品を販売する場合、Amazonには、その販売国において出品者が拡大生産者責任(EPR)の規制を遵守していることを確認する法的義務があります。これは、配送経路/発送元に関係なく、すべての出品者に適用されます。出品者は、拡大生産者責任(EPR)に関するコンプライアンス情報ページで、登録番号を送信し、関連するすべての法的要件に準拠していることを確認することで、準拠を証明できます。Amazonは、追加情報についてご連絡する権利を留保します。出品者が基準を満たしていないと判断される場合、Amazonは、基準を満たしていない出品を一時停止するか、出品者に代わって基準を満たす必要があります。以下のページで、EPRの概要を説明しています。必要な操作について詳しくは、以下の国別のページをご覧ください。

EPRに準拠するとはどういう意味ですか?

EPRは国によって異なる方法で適用されます。国別のページを参照して、何をする必要があるか理解することを強くお勧めします。最初のガイダンスとして、準拠のために必要な一般的な手順は以下のとおりです。

ステップ1: 登録

登録は、商品カテゴリーごとに1つまたは複数の登録番号を取得する1回限りのプロセスです。

  • 登録番号を受け取ったら、EPRに準拠していることの証明としてAmazonに連絡する必要があります。セラーセントラルの拡大生産者責任(EPR)に関するコンプライアンス情報にアクセスして、登録番号をアップロードしてください。
  • 登録番号を入力する国をクリックし、ボックスに番号を入力します。

ステップ2: 申告および報告

  • 出品者は通常、出品者に代わってEPRの義務を果たすことができる生産者責任組織(PRO)に加入する必要があります。場合によっては、複数のPROから選択することができます。それ以外の場合は、1つの集権組織があります。
  • 通常、該当する報告期間中の売り上げ(EPRの対象となるカテゴリーの)を申告する必要があります。場合によっては、これらの売り上げをPROにのみ報告する必要があります。それ以外の場合は、同じ報告を当局に並行して提出する必要があります。

ステップ3: 支払い

通常、出品者は関連するPROに手数料を支払う必要があります。手数料は、商品カテゴリー(EEEなど)、機器の種類(冷蔵庫、テレビ、携帯電話など)、商品項目(梱包材、家具の素材など)、販売された商品の数や重量に応じて、PROが決定します。

法令遵守に関するサポートを受けるにはどうすればよいですか?

Amazonから提供され、拡大生産者責任(EPR)コンプライアンス要件を満たすのに役立つソリューションについて詳しくは、拡張生産者責任(EPR)の法令遵守に関するAmazonのソリューションをご覧ください。

現在利用可能なAmazonのソリューションは次のとおりです。

  • EPRサービスプロバイダーのネットワーク(SPN)

    EPRサービスプロバイダーのネットワークサービスは、Amazonセリングパートナーネットワーク上のストアです。このサービスにより、出品者は拡大生産者責任(EPR)サービスを提供している、慎重に評価されたサービスプロバイダーにアクセスできます。このサービスプロバイダーが、出品者のEPR登録と報告義務を支援し、EPRへの準拠に関するすべての質問の窓口を務めます。Amazonでは、出品者がアクセスできる機関の数を増やし、当局が定める期限内(例:ドイツの梱包の場合は2022年7月1日)に準拠を達成できるように、サービスプロバイダーのネットワークを作成しました。

    拡大生産者責任(EPR)サービスプロバイダーのネットワークから、慎重に評価されたサービスプロバイダーにアクセスし、そのサービスを確認して、連携する希望のサービスプロバイダーを選択してください。

    注: 価格交渉やサービスプロバイダーの選択は出品者が厳しく行い、登録および報告については両当事者間でオフラインで行ってください。

    登録プロセスが完了し、当局から登録番号を受領したら、拡大生産者責任(EPR)に関するコンプライアンス情報に登録番号をアップロードする必要があります。

  • ドイツの梱包に関する拡張生産者責任(EPR)マニュアル

    このマニュアルでは、2022年6月30日までにEPRのドイツ梱包法に準拠し、梱包量を報告する方法についての手順を提供しています。

よくある質問

1.現在すでにEPR義務の履行を始めています。Amazonに知らせる必要がありますか?

はい。すでにEPRの義務を遵守している場合は、セラーセントラルの拡大生産者責任(EPR)に関するコンプライアンス情報で、登録番号を送信する必要があります。

2.私はセルフシッピングの出品者です。これは私に当てはまりますか?

はい。Amazonは、フルフィルメント by Amazon(FBA)かセルフシッピングかに関わらず、すべての出品者がEPRに準拠していることを確認する必要があります。

3.影響を受けるのは、いつですか?

商品をフランスまたはドイツで販売する前に、該当するすべてのEPRカテゴリーの規制を確実に遵守している必要があります。詳しい手順については、国別のページを参照することをお勧めします。

4.国ごとに、およびEPRカテゴリーごとに登録する必要がありますか?

はい。登録要件、プロセス、および認定機関は、国ごと、およびAmazonで提供されるEPRカテゴリーごとに異なります。詳しい手順については、国別のページを参照することをお勧めします。

5.どれくらいの頻度で販売実績を報告し、EPR手数料を支払う必要がありますか?

EPR分担金の申告と支払いは、各国のEPRカテゴリーおよびPROに応じて、月ごと、四半期ごとまたは1年ごとに行われます。詳しい手順については、国別のページを参照することをお勧めします。

6.Amazonでは、EPR報告に関するサポートを提供していますか?

はい。Amazonでは、ドイツとフランス向けのAmazon EPRカテゴリーレポートを公開しました。ドイツとフランスで申告書を準備し、EPR手数料を支払うのに役立つレポートをダウンロードできるようになりました。Amazon EPRレポートには、Amazonでの商品の売り上げに関する詳細情報が記載されています。現在、ドイツでは一次梱包と電気電子機器(EEE)、およびフランスでは一次梱包、EEE、電池、家具、タイヤ、印刷用紙、繊維商品を対象としています。ドイツでは、2022年の第3四半期に、二次梱包レポートが利用可能となります。フランスでは、2022年の第2四半期に、化学物質および自己処理用の医療ピアッシング器具類が追加される予定です。セラーセントラルのアカウントから、EPRレポートページでレポートにアクセスできるようになりました。Amazon EPRレポートについて詳しくは、Amazon EPRレポートに関するよくある質問およびEPRレポートの項目説明をご覧ください。

注: EPRレポートは、出品者の利便性と参照のために利用できます。出品者は、レポートをダウンロードすることで、すべての計算、カタログデータ、請求、EPR報告、その他のEPR関連の義務を含め、Amazonが作成した情報の妥当性および正確性を判断する全責任を負います。

7.一次梱包(商品梱包)と二次梱包(配送梱包)の両方について報告し、支払う必要がありますか?

一次梱包とは、商品を保護するために使用される梱包を指します。これには、靴の箱または清涼飲料のアルミニウム缶が含まれます。フルフィルメント by Amazon(FBA)またはセルフシッピングのどちらの出品者も、一次梱包について支払う必要があります。

二次梱包とは、配送時の梱包を指します。これには、購入者への配送中に商品を保護するために使用される輸送箱や袋が含まれます。二次梱包は、商品を保護するための詰め物やパッケージを固定するためのテープにまで範囲を拡大できます。配送ラベルも二次梱包の一部です。

国によっては、一次梱包と二次梱包の両方について報告と支払いが必要になる場合があります。たとえば、2022年7月1日以降ドイツでは、AmazonがFBAで商品を出荷するために使用する二次梱包について、出品者が責任を負うことになります。詳しくは、国別のページを参照してください。

8.費用はどのくらいかかりますか?

出品者は、PROや政府当局に登録料を支払う必要があります。この1回限りの手数料は、0ユーロから250ユーロ以上の範囲です。

また、出品者はEPR手数料を定期的に支払う必要があります。このような手数料は、出品者の売り上げと国ごとに異なるEPR商品カテゴリーに基づいて計算されます。各PROは、契約上の合意に基づいて独自の価格表を維持しています。これは年によって異なる場合があります。詳しくは、国別のページを参照してください。

9.EPRコンプライアンスポータルにすべてのカテゴリーが表示されないのはなぜですか?

ドイツとフランスでは、記載されるカテゴリーは同じではありません。関連するカテゴリーについては、国別のページを確認してください。Amazonでは、利用可能になったカテゴリーを、継続してEPRコンプライアンスポータルに追加していきます。

Amazonでは2022年2月より、フランスでの登録番号の提出を受け付けています。今後数か月以内に、ドイツでのEEEの登録番号の提出を受け付けます。この段階では、ドイツでの電池の登録番号をAmazonに提出する必要はありません。

10.EPRコンプライアンスポータルにすべての国が表示されないのはなぜですか?

表示されない国については、AmazonのEPRコンプライアンスポータルでEPR番号収集機能を利用できない場合があります。

11.Amazonに登録番号を送信した後はどうなりますか?

セラーセントラルで登録番号が提供されると、Amazonは、出品者の提出内容を適切な政府機関またはPROと検証します。Amazonでは、登録番号の検証に最大5営業日かかる場合があります。

Amazonにより検証されると、出品者の番号の横にあるステータスが、「送信済み」から「有効」または「無効+理由」に変わります。ステータスが「有効」の場合、以後、出品者による対応は必要ありません。このような通知は無視して問題ありません。ただし、ステータスが「無効」の場合は、提供された理由を参照し、適切な対策を講じてください。

これらの条件に該当する場合は、正しい番号を再送信してください。これらの条件のいずれにも該当しない場合は、セラーセントラルからAmazonテクニカルサポートにお問い合わせください。2022年6月には、検索対象外の出品に対する申し立てを行うオプションが提供されます。詳細については、第2四半期の後半にお知らせします。

12.必要なカテゴリーで基準に適合しています。受け取った登録番号をAmazonに提供するにはどうすればよいですか?

それぞれのPROや機関と協力して、登録番号にアクセスする必要があります。その後、ドイツとフランスの場合は、EPRコンプライアンスポータルで番号を提供できます。セラーセントラルの拡大生産者責任(EPR)に関するコンプライアンス情報にアクセスし、国をクリックして、指示に従ってください。

13.フランスとドイツでの登録にはどのような違いがありますか?

フランスでは、適切なEPRカテゴリーのPROにのみ登録する必要があります。ドイツでは、さらに該当する行政機関に登録する必要があります。 梱包については、Zentrale StentreVerpackungsregister(ZSVR)、EEEについては、Stiftung Elektroaltgeräte Register(EAR)です。

14.ドイツのEPRに関する詳細情報はどこで確認できますか?

詳しい情報については、それぞれの法律(WEEEについてはElektroG、梱包についてはVerpackG)を理解しておくことをお勧めします。また、以下に示す、国のヘルプページや政府当局のウェブサイトをご覧ください。

15.フランスのEPRに関する詳細情報はどこで確認できますか?

EPR手数料の報告、頻度、支払いについて詳しくは、国別のヘルプページ、政府当局のウェブサイト、およびPROのウェブページにアクセスすることをお勧めします。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2022, Amazon.com, Inc. or its affiliates