新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: ドイツ連邦共和国

EUにおけるペットフードのラベル貼付要件

ペットフードの大半は複数の飼料材料で作られているため、複合ペットフードの定義に該当します。このセクションでは、複合ペットフードのラベル貼付要件を中心に説明します。商品が飼料材料のみの場合は、法律に目を通し、関連するすべての要件を遵守していることを確認してください。

商品タイプ 情報の掲載場所 必須情報 該当する場合は必須 任意
ペットフード包装済み商品 実際のラベル(パッケージの上、または付属のラベル)
  • 商品説明(下記ポイント1を参照)
  • 商品の対象となる動物の種(成長した犬など)
  • 適切な使用方法(下記ポイント2を参照)
  • 「成分」という見出しで飼料材料を申告する(下記ポイント3を参照)
  • 飼料事業者の企業情報(下記ポイント4を参照)
  • 生産者の企業情報(下記ポイント11を参照)
  • 正味量(下記ポイント5を参照)
  • 最短の在庫保管期限を表示する(下記ポイント6を参照)
  • バッチ番号
  • 「分析成分」という見出しで成分の分析(下記ポイント7を参照)
  • 問い合わせ用として通話料無料の電話番号、ウェブサイト、消費者専用ケアラインなど
  • 水分量(下記ポイント8を参照)
  • 「添加物」という見出しで添加物の申告(下記ポイント9を参照)
  • 遺伝子組み換え生物(GMO)に関するラベル貼付(下記ポイント10を参照)
  • ラベルに表記された内容を言葉、画像、グラフで強調する場合に、原材料や添加物の量を申告する
  • 栄養添加物および感覚添加物は、総量とともに「分析成分」の中で申告することもできます。
  • ペットフードの内容量、栄養素などに関する表示
  • エネルギー値
栄養ペットフード/PARNUTs包装済み商品 実際のラベル(パッケージの上、または付属のラベル)

上記の一般的なペットフードに基づくラベル貼付要件、および

  • 商品説明の横に「栄養」という用語を表示する
  • 必須の栄養学的特徴(繊維強化飼料、高濃度のビタミンA)
  • 飼料の使用目的が栄養である場合、つまり「療養中の栄養回復」(全リストは こちら を参照)
  • 使用目的リストの項目4に規定されている申告については、委員会 規則(EU)2020/354 の付属書パートBに定められています。
  • 使用目的リストの項目6に基づく追加のラベル貼付要件については、委員会 規則(EU)2020/354 の付属書パートBに定められています。
  • 推奨使用期間(期間または正確な時期)
  • 飼料を使用する前、または使用期間を延長する前に、栄養専門家または獣医師による所見が必要であるという表示

上記に加えて、

  • 栄養補助ペットフードについて、毎日の食事量のバランスに関する詳細な栄養目的を説明する場合は、使用説明書に記載する必要があります。

上記に加えて、

  • 栄養ペットフードに関する表示文は、委員会 規則(EU)2020/354 の付属書IパートBに明記されている表示内容のみ使用でき、商品がそこで規定されている必須の栄養学的特徴に準拠している場合に使用できます。
ペットフードおよび栄養ペットフード包装済み商品 栄養ペットフードを含むペットフードの商品詳細ページ遠隔販売

遠隔販売における栄養ペットフードを含むペットフードのラベル貼付要件は上記と同じですが、以下の情報は必須ではありません。

  • ラベル貼付の責任者である飼料事業者の会社名および住所
  • バッチ番号
  • 正味量
  • 飼料の最短の在庫保管期限

上記のとおり 上記のとおり

  1. ペットフードの商品説明は、「飼料材料」、「総合栄養飼料」、または「栄養補助飼料」のいずれかになります。猫または犬以外のペットの「総合栄養飼料」については、「複合飼料」と置き換えることができます。例: 「成長した犬用の総合栄養飼料」
  2. 適切な使用説明を提供するには、ライフステージ、ライフスタイル、ペットの大きさに対する必要な摂取量について、毎日の食事量の提供方法を記載します。栄養補助ペットフードおよび総合栄養ペットフードに対して定められた最大レベルを超える添加物を含んだ飼料材料は、1日の食事量におけるそれぞれの飼料添加物の最大含有量に適合するように、最大量を記載する必要があります。原則として、ドライペットフードについては、新しい水を利用するように記載する必要があります。
  3. 飼料材料リストには、申告した各飼料材料の名前を、含有量の降順で表示する必要があります。飼料材料の申告には、EUの法律で定義されたカテゴリー名(例:肉および動物由来、野菜、シリアル、ミネラルなど)、または単一の原材料名(例:加水分解チキンタンパク、小麦、大豆ミール、コーンスターチなど)を使用できます。飼料材料リストについてはこちらをご覧ください。
  4. ラベル貼付の責任者である飼料事業者の名前/会社名および住所は、パックに印刷する必要があります。該当する場合、会社住所に加えて設立承認番号も表示する必要があります。
  5. 内容量(固形商品)または容量(液体商品)または単位で表した正味量。
  6. 微生物学的に傷みやすいペットフードの場合、「使用期限」を日付(日、月、年)で表示します。その他ペットフードの場合、「賞味期限」を日付(月、年)で表示します。
  7. 分析成分の申告義務は、飼料の種類や対象の動物種に関連します。栄養補助および総合栄養ペットフードの分析成分に含まれるものとして、粗タンパク質、粗繊維、粗脂肪、粗灰などがあります。
  8. 以下の値を超える場合、飼料の水分量を記載する必要があります。 有機物を含まない無機飼料の場合は5%、代用乳飼料の場合および乳製品含有量が40%を超えるその他の複合飼料の場合は7%

    有機物を含む無機飼料の場合は10%、その他の飼料の場合は14%

  9. 法定最大限値の飼料添加物、推奨される最大含有量を超過した飼料添加物、および「畜産添加物」または「抗コクシジウム剤および抗ヒストモナス剤」のカテゴリーに属する添加物は、ラベルに記載する必要があります。使用されている添加物のカテゴリーまたは機能グループ名、正式名称、識別番号、および追加された量を記載する必要があります。添加物がすべての動物種に対して許可されていない場合、飼料材料の対象となる動物種をラベルに記載する必要があります。
  10. 遺伝子組み換え生物(GMO)で作られたペットフード、またはGMOを含むペットフード、またはGMO由来製品の情報を、成分一覧または脚注(少なくとも同じフォントサイズで印刷されたもの)に明記する必要があります。または、「この商品には遺伝子組み換え生物(生物名)が含まれています」という説明を記載する必要があります。
  11. 生産者がラベル貼付の責任者でない場合、生産者の名前/会社名および住所、または設立承認番号(該当する場合)も記載する必要があります。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2022, Amazon.com, Inc. or its affiliates