新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: ドイツ連邦共和国

請求書をアップロードする

VAT請求書の重要性

Amazonの出品者は、適用されるすべての法的要件、Amazonサービスヨーロッパビジネスソリューション契約、およびAmazon Business請求ポリシーを含む関連ポリシーを遵守する必要があります。 どの状況でVAT請求書の発行が法的に義務付けられているかについては、税理士に相談してください。

VAT請求書の発行が法的に義務付けられていない場合:

  • 法人/個人事業主のお客様からの注文については、引き続き領収書を発行する必要があります。法人/個人事業主のお客様からの注文に対する請求書の義務については、Amazon Business請求ポリシーをご覧ください。
  • 現時点では、法人/個人事業主以外のお客様からの注文については、領収書のアップロードは必須ではありませんが、顧客満足度の向上を図るため、領収書のアップロードをおすすめします。

セラーセントラルでの請求書および負担額通知書のアップロード

セラーセントラルの注文管理および注文の詳細ページで、各注文の請求書と負担額通知書を手動でアップロードできます。以下の手順で請求書をアップロードします。


  1. 注文管理から、請求書または負担額通知書をアップロードしたい注文を見つけます。
  2. 請求書をアップロードをクリックします。ウィンドウが開き、この注文についてアップロードした過去の請求書と負担額通知書がすべて表示されます。この注文に関する文書をまだアップロードしていない場合は、リストは空白です。
  3. 別の請求書または負担額通知書をアップロード(この注文の書類をすでにアップロードしている場合)またはアップロード(この注文の書類をまだアップロードしていない場合)をクリックします。文書をアップロードし、請求書と負担額通知書のどちらをアップロードするかを選択します。
  4. 請求書番号を入力します。負担額通知書の場合は、負担額通知書番号を指定します。
  5. アップロードをクリックします。

請求書または負担額通知書のアップロード後、Amazonが書類を処理します。この処理には、最大15分かかることがあります。処理が完了すると、購入者はアカウントの注文管理ページから請求書または負担額通知書をダウンロードすることができます。

ソリューションプロバイダーを使用した請求書または負担額通知書のアップロード

請求書の発行にサードパーティのソリューションプロバイダーを使用している場合は、このリストをチェックして、ソリューションプロバイダーが請求書の自動アップロードに対応しているかどうかを確認します。ソリューションプロバイダーが請求書発行に対応していない場合は、当該プロバイダーに詳細を問い合わせることをおすすめします。

よくある質問

請求書の法的要件はどのようなものですか?

EUで事業を行う課税対象者は、EU全体に適用される請求書規則のセット(VAT指令の第217〜240条)の対象となります。一方、UKで事業を行う課税対象者は、個別の要件の対象となります(1995年のVAT規則13〜20条)。これらの規則では、すべての課税対象者は、ほとんどの企業間(B2B)供給、および企業と消費者間(B2C)の特定のトランザクションにおいて、請求書を(自身でまたはサードパーティを通じて)発行する必要があります。また、請求書が必要なトランザクションには、特定の国内規則が存在する場合もあります。適用される正確な要件については、税理士にお問い合わせください。

購入者はどのようにしてアップロードした請求書を受け取ることができますか?

購入者は、アカウントの注文履歴ページで請求書をダウンロードできます。

請求書はいつアップロードする必要がありますか?

注文確定後はいつでも請求書をアップロードできますが、Amazon Businessの法人/個人事業主のお客様からの注文については、Amazon Business請求ポリシーに従い、出荷後1営業日以内に請求書をアップロードする必要があります。 返品については、返品確認後1営業日以内に負担額通知書をアップロードする必要があります。 請求書や負担額通知書の提供が法的に義務付けられていない注文および返品については、顧客満足度の向上を図るために、出荷後1営業日以内に請求書または負担額通知書をアップロードすることを強くおすすめします。

現在、購入者に請求書をメールで送信しています。今後も続けてよいでしょうか?

いいえ。購入者に請求書をメールで送信することは止めてください。詳しくは、Amazon Business請求ポリシーをご覧ください。

請求書にはどのような情報が必要ですか?

VAT請求書および負担額通知書は、適用される法律に準拠している必要があります。欧州付加価値税(EU VAT)指令およびUK VAT規制に基づき、請求書および負担額通知書に特定の必須情報が記載されている必要があります。国固有の詳細情報も記載する必要があります。詳しくは、こちらをご覧ください。詳しいガイダンスについては、税理士にご相談ください。

購入者のVAT情報を入手するにはどうすればよいですか?

関連するレポートから購入者のVAT情報を入手できます。最初に、注文レポートの項目を追加または削除するのページに移動し、法人/個人事業主の注文購入者の納税者番号請求書購入者の会社名を有効にして、変更を保存します。この変更は、注文管理および注文レポートの管理権限を持つユーザーのみが行えます。設定を保存すると、関連レポートに以下の項目が表示されます。

  1. is-business-order(Amazon Businessの法人/個人事業主のお客様が注文したかどうかを示す)
  2. buyer-tax-registration-id(購入者の納税者番号)
  3. buyer-tax-registration-country(納税者番号が登録されている国)
  4. buyer-tax-registration-type(購入者の税務登録タイプ)
  5. buyer-company-name(購入者の会社名)
  6. bill-address-1(購入者の請求先住所)

出品者出荷の注文については、注文レポートのすべての列が表示されます。FBA注文の場合、全注文レポートの(1)~(5)列目、FBA在庫配送 - タックスインボイスの(6)列目(bill-address-1)が表示されます。

注: 上記の手順を実行しても購入者のVAT情報が表示されない場合は、利用可能な情報を使用して請求書または領収書(該当する場合)を提出してください。詳しいガイダンスについては、税理士にご相談ください。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates