新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: ドイツ連邦共和国

小口出品形態

小口出品は成立した取引ごとに手数料が発生する出品形態で、基本的な出品ツールと注文管理ツールを利用できます。小口出品では、カタログ内の既存ページと商品を照合する、または新しいページを作成して商品を1点ずつ出品します。

購入者に提示する配送料や配送サービスレベルは、Amazonの指定する条件が適用されます。小口出品の場合、取引が成立するまで手数料が発生することはありません。

小口出品形態のメリット

商品を大量に販売するためのツールやAmazonマーケットプレイスWebサービスのAPI機能を利用する必要がなければ、大口出品者として月間登録料を支払うより、小口出品形態の方が費用対効果が高い場合があります。小口出品者は月間登録料の代わりに、商品が販売されると、商品ごとの手数料に加えて販売手数料を支払います。詳しくは、出品形態と手数料をご覧ください。小口出品者および大口出品者の手数料について詳しくは、出品手数料をご覧ください。

どの出品形態が適していますか?

費用対効果の簡単な分析例を下記に紹介しています。出品形態を変更すべきかどうか判断する際の参考にしてください。商品1点あたりの基本成約料が0.99ユーロの場合、大口出品の月間登録料39.00ユーロを相殺するには、1か月に40点以上販売する必要があります(基本成約料0.99ユーロx40件=39.60ユーロ、金額はすべてVAT抜き)。1か月の販売数が40点を下回る場合や販売数に季節変動がある場合は、小口出品をおすすめします。

詳しくは、大口出品と小口出品の出品形態の相違点をご覧ください。出品形態の変更手順についても、このページに記載されています。付加機能を利用する必要がある場合や、大口出品の方が費用対効果が高くなってきた場合は、小口出品から大口出品に簡単に切り替えることができます。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates