新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: ドイツ連邦共和国

Amazonへ納品: 個別の商品の梱包

この手順では、前の手順で確認した個別の商品について、輸送箱内の商品情報を入力し、SKUが混在する輸送箱に梱包します。

Amazonへ納品の概要に関する動画をご覧ください。

納品手続きのステップ1発送する在庫を選択で、出品者が各SKUの個別の商品を確認すると、AmazonがどのSKUを一緒に梱包できるかを決定し、梱包グループに分類します。

どのSKUを一緒に梱包できるかを決定する要因には、SKUの重量と寸法、梱包とラベル貼付要件、所有権が含まれます。さらに、SKUがフルフィルメントセンターで特別な取り扱いが必要とされる危険物かどうかが考慮されます。

出品者が梱包グループに従って輸送箱を梱包し、各梱包グループの輸送箱内の商品情報を入力すると、Amazonが在庫の最適な納品先を決定します。購入者の近くに在庫を配置することで、注文商品の配送にかかる時間を短縮することができます。

1個の輸送箱に梱包

梱包グループのすべてのSKUが1つの輸送箱に収まる場合、次の手順に従います。

  1. すべて1つの輸送箱に収まりますを選択します。
  2. 輸送箱の重量(緩衝材を含む梱包された輸送箱の総重量)を入力します。
  3. 輸送箱の寸法(輸送箱の外側の寸法)を入力します。
  4. 梱包情報を確認をクリックします。
注: 出品者が輸送箱の重量と寸法を入力すると、入力された数値と輸送箱に入っている商品をAmazonで比較します。Amazonでは、輸送箱の重量と容量が、輸送箱に入っている全商品の重量と容量の合計の10%未満になることを想定しています。数値が想定と異なる場合は、アラートが表示されます。

この情報を使用することで、予期せぬ誤りや、在庫補充時の問題を防ぐことができます。入力内容が正確で、問題が生じないと思われる場合は、アラートを無視してもかまいません。

複数の輸送箱に梱包し、輸送箱内の商品情報をアップロードする

梱包グループのSKUに複数の輸送箱が必要な場合は、ウェブフォームまたはExcelファイルを使用し、以下の手順に従って輸送箱内の商品情報を入力します。

ウェブフォームを使用して輸送箱内の商品情報を入力する方法

重要: 輸送箱内の商品情報を入力するウェブフォームのオプションは、輸送箱グループ内の商品を10個以下の輸送箱に梱包する場合のみ利用できます。
  1. 複数の輸送箱が必要になりますを選択します。
  2. ドロップダウンメニューからウェブフォームで入力を選択します。
  3. 梱包グループ内のSKUが収まる輸送箱の数の推定値を入力します。この数値はウェブフォームの作成に使用されます。画面右上のプラス/マイナス(+/-)アイコンをクリックして、ウェブフォームで輸送箱の数を更新できます。
  4. ウェブフォームを開くをクリックすると、ポップアップウィンドウが開きます。ポップアップの上部に、輸送箱ごとにSKUあたりの商品数を入力します。入力する商品の合計数は、その梱包グループの「輸送箱内の商品数」列に記載されている数を超えることはできません。
  5. SKUの下に、輸送箱の重量と寸法に関する情報を追加します。
    1. まず、輸送箱グループ内の各輸送箱の重量を入力します。
    2. 次に、輸送箱の寸法を入力し、適用される輸送箱にマークを付けます。異なる寸法の輸送箱に梱包する場合は、輸送箱の寸法を追加をクリックします。新しい寸法を入力し、新しい寸法を適用する輸送箱にマークを付けます。
  6. 梱包情報を確認をクリックします。

Excelファイルを使用して輸送箱内の商品情報を入力する方法

  1. 複数の輸送箱が必要になりますを選択します。
  2. ドロップダウンメニューからExcelファイル(.xlsx)のアップロードを選択します。
  3. 輸送箱グループにすべてのSKUを収めるために必要な輸送箱の数の推定値を入力します。この推定値は、輸送箱リストのスプレッドシートの作成に使用されます。作成したスプレッドシートで輸送箱数を10箱まで更新することができます。
  4. 輸送箱リストのテンプレートをダウンロードします。
  5. Excelのスプレッドシートを開き、編集を有効にするをクリックします。
    1. 輸送箱ごとに、各輸送箱内のSKUあたりの商品点数を入力します。輸送箱内の商品数(各輸送箱に入っている商品の合計数)は、梱包グループ内の特定のSKUにおける納品が予定されている商品数以下である必要があります。
    2. 梱包グループの輸送箱ごとに、重量と寸法を入力します。
    注: Excelファイルの列の見出しとSKUの詳細はパスワードで保護されているため、変更できません。輸送箱内の商品情報を入力するには、輸送箱の梱包情報タブでページの右側までスクロールします。
  6. ファイルのアップロードと検証をクリックします。
重要: 各梱包グループの各輸送箱にどのSKUを梱包するかを記録してください。たとえば、梱包グループ1 – 輸送箱1、梱包グループ1 – 輸送箱2など、輸送箱にマークを付けて、ステップ3 – 輸送箱ラベルを印刷で各輸送箱に貼付する適切なFBA輸送箱IDラベルと一致させます。異なる梱包グループのSKUを同じ輸送箱に梱包しないでください。
注: 輸送箱の重量と寸法を入力すると、入力された数値と輸送箱に入っている商品をAmazonで比較します。Amazonでは、輸送箱の重量と容量が、輸送箱に入っている全商品の重量と容量の合計の10%未満になることを想定しています。数値が想定と異なる場合は、アラートが表示されます。

この情報を使用することで、予期せぬ誤りや、在庫補充時の問題を防ぐことができます。入力内容が正確で、問題が生じないと思われる場合は、アラートを無視してもかまいません。

輸送箱内の商品情報を入力せずに複数の輸送箱に梱包する

梱包グループ内のSKUに複数の輸送箱が必要で、輸送箱内の商品のマニュアル処理(有償)をAmazonに依頼する場合は、次の手順に従います。

  1. 複数の輸送箱が必要になりますを選択します。
  2. ドロップダウンメニューから、Amazonが輸送箱内の商品をマニュアル処理するを選択します。
  3. 梱包グループ内の各輸送箱の寸法重量を入力します。
  4. 梱包グループのマニュアル処理手数料を確認します。詳しくは、FBAマニュアル処理手数料をご覧ください。
  5. マニュアル処理を確認をクリックします。
重要: 輸送箱内の商品情報が提供されない場合は、フルフィルメントセンターに届いた輸送箱をAmazonがマニュアル処理することになるため、手数料が適用されます。マニュアル処理される納品は、輸送箱内の商品情報が入力済みの納品よりも受領に時間がかかることがあります。

よくある質問

梱包グループとは何ですか?

梱包グループは、一緒に梱包できるSKUのグループです。たとえば、危険物に分類されるSKUは、危険物ではないSKUと梱包することはできません。危険物は、安全に受領できる特別なフルフィルメントセンターに納品されるためです。一緒に梱包できるSKUを決定するその他の要因には、SKUの重量と寸法、梱包とラベル貼付要件、所有権などがあります。

梱包グループと納品は同じですか?

いいえ、梱包グループは納品とは異なります。上記の要因に基づいて、輸送箱に一緒に梱包できるSKUは、梱包グループによって決まります。 すべての梱包グループの輸送箱内の商品情報を入力すると、Amazonが輸送箱に最適な納品先を決定します。

納品先が不明のまま梱包するメリットは何ですか?

Amazonが在庫の最適な納品先を決定できるようにしています。また出品者は、納品先を確認する前に、梱包時に数量を調整することができます。

梱包時に、出荷するSKUを変更したい場合、どうすればよいですか?

出品者が輸送箱を梱包する際に、破損した在庫に対応したり、輸送箱内のスペースを最適化したりして、特定のSKUの数量が変更される可能性があることをAmazonは認識しています。出荷通知を送信する前に梱包することで、梱包時に制限なく数量を調整することができます。数量を入力した前の手順に戻り、発送する在庫を選択し、変更したいSKUの数量を更新します。完了したら、個別の商品の梱包を選択してステップ1bに進みます。

注: SKUを追加または削除する場合、あるいは既存のSKUの重量と寸法、梱包とラベル貼付要件、危険物の分類に変更がある場合に、梱包グループを変更することができます。更新した梱包グループについて、輸送箱内の商品情報が更新されていることを確認してください。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates