新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: ドイツ連邦共和国

新しいフランスでの納税義務2020

フランスの不正防止法により、2019年の出品者との取り引きに関するデータ(出品者のフランスとヨーロッパのVAT番号を含む)を2020年1月31日までにフランスの税務当局に提出することが、Amazonに義務付けられています。フランスの税務当局は、出品者のデータを使用して、出品者がフランスの納税要件に準拠しているかどうかを評価します。出品者が要件に準拠していないと判断した場合、当局は、出品者のAmazon.frアカウントを一時停止し、出品者からフランスの購入者への販売を防止するよう、Amazonに指示することがあります。

詳しくは、新しいフランスでの納税義務2020をご覧ください。

フランスのVAT登録要件は、どのようなアクションにより作成されますか?

フランスのVAT登録要件が作成されるアクションは多数ありますが、Amazonの出品者にとって最も一般的なケースは次の3つです。

  • フランス国外を拠点にしているが、フランス国内に在庫を保管していて、同国から注文の出荷を行っている場合、または
  • 在庫が保管されている他のヨーロッパの国(フランス以外)からフランスの購入者に商品を出荷していて、フランスの購入者への売上合計額が年間35,000ユーロを超えている場合、または
  • フランスに拠点があり、フランス国内から同国の購入者に商品を出荷し、すべての販売経路での売上合計額が年間82,800ユーロを超えている場合

フランスでVATを登録する必要がある場合は、今すぐフランスのVAT番号の申請を開始することをお勧めします。フランスの税務当局では、処理が完了するまでに数か月かかることがあります。

ヨーロッパのVAT登録要件は、どのようなアクションにより作成されますか?

ヨーロッパのVAT登録要件が作成されるアクションは多数ありますが、他のヨーロッパの国から商品を出荷する場合は、そのヨーロッパの国からヨーロッパのVAT番号を取得しなくてはならないことがあります。通常、ヨーロッパ全体でVAT登録要件は同じですが、国によって年間売上額のしきい値が異なります。

ヨーロッパでVATを登録する必要がある場合は、今すぐヨーロッパのVAT番号の申請を開始することをお勧めします。関連するヨーロッパの税務当局では、処理が完了するまでに数か月かかることがあります。

AmazonではVAT登録にどのようなサービスを提供していますか?

Amazon VATサービス – 法令遵守の簡素化: Amazon VATサービスは、出品者がヨーロッパおよびイギリスのVAT要件を管理できるコンプライアンスソリューションです。

セラーセントラルでは、サードパーティの税務サービス業者によるVAT登録および申告義務を、7か国(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ポーランド、チェコ共和国)で利用できます。

VATにかかる時間を減らし、ヨーロッパでのビジネスの成長に集中する時間を増やせます。

Amazon VATサービスに参加すると、最初の6か月間、登録したすべての国において、申告および税務代理人サービスを無料で利用できます。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates