新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: ドイツ連邦共和国

出品者出荷の前払い返品

Amazonは、Amazon返品ポリシーに基づいて返品を自動的に承認します。

AmazonはAmazon前払いの返送用ラベル(APRL)機能に登録しているすべての出品者に代わり、配送ラベルの購入サービスを通して、前払い返品の配送ラベルを購入者に提供します。 つまり、購入者都合でオンライン返品受付センター(ORC)から送信された返品リクエストがAmazon返品ポリシーに該当する場合、すべて自動的に承認され、、追跡可能な前払いの返送用ラベルが発行されます。ただし、配送ラベルの購入サービスで返品をサポートするサードパーティの配送会社が対応している場合です。APRLを通して配送ラベルの購入サービスを利用すると、Amazon配送ラベルの購入サービスの利用規約に加えて、以下のサービスプロバイダーの利用規約に同意したものとみなされます。

現在、ドイツ国内でAmazonの前払い返送用ラベルを使用した返品をサポートしているサードパーティの指定配送会社は、DPDのみです。

Amazonがこのサービスについて事前交渉した購入者からの返品にかかる配送会社の配送料は、出品者出荷の返品の配送料に基づいて算定されます。Amazonのポリシー適用外の返品リクエスト、または手動による審査を行うためこの要件が免除されている返品リクエストのみを送信します。

注: 返品の受領した後、2営業日以内に返金を行う必要があります。出品者が返金処理を行わない場合、Amazonが出品者に代わって購入者に返金を行い、その金額を出品用アカウントに請求する場合があります。

関連セクションを確認し、前払い返品の詳細をよく理解してください。

表 1. 前払い返品の詳細
項目 ポリシーまたは要件
前払いの返送用ラベルを出品者自身で登録する 注文>返品管理を選択し、返品設定をクリックします。次に、「Amazonの前払いの返送用ラベル(APRL)機能を利用して、より迅速な返品を利用できるようにする」の横にある登録をクリックします。
アカウントの要件を維持する 出品者のVAT情報など、Amazon出品用アカウントの詳細情報を最新にしておく:
  1. アカウントにデフォルトのドイツの返品先住所を設定します。Amazon出品サービスのポリシーでは、前払いの返送用ラベルプログラムには、デフォルトのドイツの返品先住所が必要です。 出品用アカウントでARPLが有効になっている場合、Amazonは配送ラベルの購入サービスで購入したすべての前払いの返品に、このデフォルトの住所を使用します。返品先住所を更新するには、設定から出品用アカウント情報に移動し出品用アカウント情報ページを参照してください。配送・返品情報に移動し、返送先住所をクリックし、デフォルトの返送先住所の下のボタンをクリックします。
  2. 出品する商品について正確な重量とサイズの情報を管理し、更新します。この情報に基づいて、返品の配送料が計算されます。購入者が発送した商品が配送会社で受領され、最初のスキャンが行われたことが分かると、Amazonは返品配送料のコストを出品用アカウントに請求します。返品の配送料は、出品者出荷の返品の配送料に記載されています。
  3. 購入者に責任がある返品について、購入者にメッセージを追加するには、設定 > 返品設定 > 一般設定の順にクリックし、返品手順にメッセージを入力します。返金から返品配送料を差し引く理由を説明して、設定を保存をクリックします。
返品プロセス 購入者が返品をリクエストし、オンライン返品受付センターを通して前払いの返送用ラベルを受け取るたびに、出品者にEメール通知が送信されます。すべての返品について詳しくは、返品管理をご覧ください。
複数の返品先住所 出品しているマーケットプレイスごとに異なる返品先住所を設定できます。ルールを設定したり、別の返品先住所を設定したいSKUを指定したりできます。詳しくは、複数の返送先住所をご覧ください。
返品無し返金 返品なしの返金を提供できます。平均販売価格より低い商品など、商品を受け取らずに返金を行う方が経済的に理にかなっている場合があります。購入者が返品なしの返金の対象となる返品リクエストを行うと、すぐに全額が購入者に払い戻されます。出品者側で、リクエストを完了するために必要なアクションはありません。これらの返品リクエストはすべて、返品管理で確認できます。これらの返品については、出品者が手動で返金処理を行う必要はありません。詳しくは、返品なしの返金をご覧ください。
返品配送料 前払いの返送用ラベルは、サードパーティによる指定配送会社の配送ラベルの購入サービスで対応している場合にのみ発行されます。現在、出品者出荷の返品配送は、配送ラベルの購入サービスを通じて、DPD によって行われています。詳しくは、前払い返品の配送会社および出品者出荷の返品の配送料をご覧ください。
重要: 出品者のアカウントには、購入者が配送会社に荷物を返品してに紋付がスキャンされて初めて、返送用ラベルの費用が請求されます。
返金と配送料の費用 返金と配送料の処理については、配送料の返金をご覧ください。
前払い返品に関するレポート 前払いの返品はすべて、決済レポートとペイメントレポートおよび返品レポートに記録されています。
  • 決済レポートとペイメントレポート: 各返品の配送料は決済レポートとペイメントレポートに、Amazonで購入した配送サービスとして表示されます。これらの料金は、その他の請求とは別になります。
  • 返品レポート: 購入者が返品をリクエストし、前払いの配送ラベルを受け取るたびに、出品者にEメール通知が送信されます。さらに出品者は、セラーセントラルの返品レポートを使用して、すべての返品リクエストに関するレポートをダウンロードできます。そこに、各返品のステータスが示されています。Eメールと返品レポートに、注文番号、お問い合わせ伝票番号、リーズンコード、配送料、申請日付、RMA、コメントが記載されます。
対象外の商品 前払い返品の配送ラベルは返品の自動承認で必ずしも支給されるわけではありません。詳しくは、前払いの返品対象外の商品をご覧ください。
購入者返品の免除 いくつかのカテゴリーおよびサブカテゴリーは、前払いの返品から自動的に免除されます。これらのカテゴリーの免除を申請する必要はありません。

以下のプログラムおよびカテゴリーは、前払いの返品から自動的に免除されます。

  • Amazon Handmade
  • Amazon Custom
  • アダルト商品
  • 認定済みの中古腕時計
  • 大口医療用品、大口歯科医療用品
  • 物理的に存在しない商品(保証、デジタルソフトウェア、デジタルクーポンなど)
  • 特定の商品カテゴリーの法律で返品できない商品および危険物
  • 特定の商品カテゴリーの高重量、大容量の商品
    注: 商品の免除は、商品を出品する際にAmazonに提供した情報に基づいて行われます。商品情報は常に正確ですべての項目に入力されていることを確認してください。特に危険物の情報(例:危険物商品を参照)は必ず確認してください。
注: 2021年8月30日以降、以下のカテゴリーおよびサブカテゴリーも免除されます。
  • 食品&飲料、ワイン
  • ビデオ、TVゲーム、PCソフト、DVD
  • 花、花束、切り花
  • 次の商品カテゴリーの衛生用品(ベビー&マタニティ、ビューティ、ヘルスケア&パーソナルケア、パーソナルケア用品)
    注: 保留中の返品リクエストはすべて、24時間以内に回答する必要があります。このようなリクエストを手動で確認および処理する方法について詳しくは、返品リクエストを処理するをご覧ください

前払いの返送用ラベルの免除を申請できるのは、以下のカテゴリーに該当するSKUのみです。

  • HIGH_PRICE: 特別配送が必要な高額商品(500ユーロ を超える商品)(特別配送保険が必要な商品など)

免除されたSKUは、Amazon全体でのASIN価格商品のコンディションおよび免除リーズンコードHIGH_PRICE(500ユーロ を超える商品)と照合され、適切に使用されているかどうかが確認されます。また、前払いの返送用ラベルの免除対象となるのは、出品中のSKUのみです。

2021年9月2日以降、以下のリーズンコードによる免除は対象外です。

  • REQUIRES_SPECIAL_SHIPPING: Amazonの前払い返送用ラベル機能に統合されたサードパーティの配送会社が提供する標準の配送ラベルで、商品(危険物など)を発送できない場合。
  • TOO_LARGE_HEAVY: 商品の発送重量が配送会社と合意した重量と寸法のガイドラインを超える高重量、大容量商品の場合。これらの商品は自動的に免除されます。
  • 返品なしの返金: 「設定」、「返品設定」、「返品無し返金」の順に選択して、返品無し返金オプションでこの機能の使用を継続できます

その他の免除には、国外など、配送会社が対応できない返品商品などがあります。

詳しくは、出品者出荷の前払い返品の免除申請をご覧ください。

よくある質問

返品輸送中に商品が紛失または破損した場合はどうなりますか?

返品が輸送中に紛失したり破損したりした場合は、出品者が配送会社に直接苦情を申し立てる責任を負います。このような場合は、購入者への全額払い戻し処理を行い、配送会社に直接苦情を申し立てて、補てんを受けてください。

返品配送料の計算に使われる発送重量は、どの重量ですか?

返品配送料の計算に使われる発送重量は、商品詳細ページに表示されている重量です。ただし、出品者がAmazonの配送ラベルの購入サービスでラベルを購入して注文を処理した場合、Amazonはその重量を代わりに使用します。

出品者独自の前払いの返送用ラベルを変更またはアップロードできないのはなぜですか?

出品者のアカウントをAmazonの前払いの返送用ラベルに登録すると、購入者都合でオンライン返品受付センター(ORC)から送信された返品リクエストが Amazon返品ポリシーに該当する場合、すべて自動的に承認され、配送ラベルの購入サービスを通じて、出品者に代わって前払いの返送用ラベルが購入者に発行されます。出品者は、独自の追跡可能な前払いの返送用ラベルを購入者からの配送に加えることができます。これにより、購入者はこのラベルを使用できます。また、購入者は未払いの返送用ラベルも、いつでも購入できます。

ラベルの費用は誰が支払うのですか?また、最終的に返品配送料を負担するのは誰ですか?

APRLの場合、出品者に代わって配送ラベルの購入サービスを通じて返送用ラベルが発行され、配送会社が返品の荷物をスキャンすると、出品用アカウントから適用される料金が差し引かれることになります。返品配送料は出品者の責任になる時もあり、購入者の責任になる時もあります。出品者は、返品理由に基づいて、返品配送料を出品者が負担するのか、購入者が負担するのかを判断しなければなりません。返品理由の一覧を確認するには、前払い返品の返品リーズンコードをご覧ください。

返品費用が購入者の負担となる場合の例は、以下のとおりです。

  • 他にもっと低価格で入手できることがわかったという理由で、商品を返品した場合
  • 購入者が誤って商品を注文した場合
  • 商品が不要になった、または欲しくなくなったという場合

返品理由が購入者の責任である場合、購入者に対する返金額から返送用ラベルの費用を差し引くにはどうすればよいですか?

返品理由が購入者の責任であると判断された場合、出品者が返金を処理する際に、購入者に対する返金額から返送用ラベルの費用を差し引くことができます。購入者に信頼していただくために、この差し引き額をお知らせし、この措置を講じた理由を明確に記載することをお勧めします。返品理由が出品者の責任であると判断された場合、返品配送料のコストも出品者の責任となります。このプロセスは変わりません。

APRLが免除されるのは、どのような商品ですか?

Amazon返品ポリシー適用外の商品はすべて、APRLから免除されており、手動による審査および返品の承認を行うため、出品者に送信されます。このような商品には、Amazon Handmade、Amazon Custom、アダルト商品、認定中古時計、産業・研究開発用品(業務用医療および歯科用品)、危険物(危険材料を含む)、物理的に存在しない商品(保証、デジタルソフトウェア、デジタルクーポンなど)、法律で返品できない商品、配送会社と合意した重量と寸法のガイドラインを超える高重量、大容量商品が含まれます。その他の免除には、国外など、配送会社が対応できない返品商品などがあります。

また、特別な配送や保険が必要な高額商品(500ユーロを超える商品)、物理的に存在しない商品(保証、デジタルソフトウェア、デジタルクーポン)、法律で返品不可に分類されている商品については、APRLから特定の免除を申請することもできます。Amazonの無償返品ポリシー に記載された対象外商品を確認することもできます。このポリシーの変更によって、購入者の法的権利が影響を受けることはありません。

購入者が返送用ラベルを印刷できない場合はどうすべきですか?

以下のオプションを検討することができます。

  • 購入者は自分で商品を返品します。返品理由を理解するには、出品者出荷の前払い返品の返品リーズンコードをご覧ください。出品者に返品の責任がある場合は、返品配送料を返金に追加する必要があります。
  • 購入者は、インターネットカフェ、図書館、地元の印刷業者で返送用ラベルを印刷できます。

前払いの返送用ラベルプログラムの登録を解除したい場合どうすればよいですか?

出品者出荷で、前払いの返送用ラベルプログラムの登録解除を希望するすべての出品者は、Amazonテクニカルサポートに連絡する必要があります。登録が解除されると、14日以内に出品用アカウントに反映されます。

海外からの返品に対して費用を負担する必要がありますか?

ドイツ の返送先住所がない場合は、以下のいずれかの対応を行います。

  • 出品者用の送料支払済み返送用ラベルを購入者に提供します。この場合、出品者は返品配送料を負担する責任があります。購入者の返金から差し引くことはできません。または、
  • 返品を要求せずに返金します。手作業を減らすため、返品なしの返金を自動化できます。または、
  • ドイツの返送先住所を購入者に知らせます。ドイツの返送先住所を提供したいが、出品者の拠点がドイツ国外にある場合、ソリューションプロバイダーネットワークにある海外からの返品取扱業者をご利用ください。

ご不明な点がある場合は、Amazonテクニカルサポートにお問い合わせください。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates