新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: ドイツ連邦共和国

2段階認証について

2段階認証とは何ですか?

2段階認証 (2SV) は、Amazon のマルチファクター認証 (MFA) ソリューションです。2 つの認証があり、静的な情報認証(パスワード)と同的情報認証 (OTP) の両方を必要とします。これにより、静的なパスワードのみを使用するよりも保護が強化されます。

2段階認証により、アカウント乗っ取り (ATO) からアカウントを保護できます。パスワードの繰り返し利用により、外部からの不正アクセスが発生した場合、Amazonで同じパスワードを繰り返し利用しているAmazon の購入者はリスクにさらされます。パスワードを知っている人ならだれでも、アカウントにサインインすることが可能になります。2段階認証は、このような事故から保護します。

2段階認証の仕組み

2段階認証を有効にした後、セラーセントラルにサインインする際に、パスワードの確認とワンタイムパスワード (OTP) の認証を行う必要があります。OTP は、登録した電話番号にSMS または音声通話で送信されるか、認証アプリによって生成されます。パスワードや OTP が不明な場合は、サインインできません。OTP は、使用が終わるまで通常のパスワードと同等に保護して保護してください。不正利用者がパスワードを知っていて、かつ使用される前に OTP を知っている場合、Amazon アカウントにサインインすることが可能になります。

2段階認証にはどのような端末が必要ですか?

2段階認証を初めて有効にすると、2 つの異なる2段階認証端末を指定する必要があります。1 つは 1 台目の端末となり、もう 1 つは 1 台目の端末にアクセスできなくなった場合のバックアップとなります。

OTPは、 認証アプリ、携帯電話または固定電話の音声通話、SMSで受信できます。ネットワークへのアクセスが不要で使いやすい認証アプリがおすすめです。認証アプリは、アプリストアから無料でダウンロードして、パソコンやスマートデバイス(携帯電話、タブレットなど)で利用できます。詳しくは、2段階認証に認証アプリを使用するをご覧ください。

1台目の端末とバックアップの端末の両方に認証アプリを利用することはできません。OTPを受信するには、1台目の端末かバックアップの端末のいずれかで、SMSまたは音声通話ができる電話を選択してください。1台目の端末およびバックアップの端末として利用できるオプションを以下の表に示します。

OTP を受信する1台目の端末 バックアップの端末として次のいずれかを選択します
SMSを利用できる携帯電話(テキストメッセージ用)
  • 音声通話ができる別の電話*
  • SMSを利用できる別の携帯電話*
  • 認証アプリ
音声通話ができる電話(固定)
  • 音声通話ができる別の電話*
  • SMSを利用できる別の携帯電話*
  • 認証アプリ
認証アプリ
  • SMSを利用できる携帯電話
  • 音声通話ができる電話
* OTPを受信するために、1台目の端末とバックアップの端末で同じ電話番号を登録することはできません。

通常は1台目の端末にのみOTPが送信されます。1台目の端末を利用できない場合や、OTPを受信できない場合は、コードが届きませんか?をクリックするとバックアップの端末にOTPを送信できます。

OTPを受信する1台目の端末の電話番号を使用できなくなった、または電話番号を変更する場合は、バックアップの端末でセラーセントラルにサインインした後、いつでも更新できます。1台目の端末またはバックアップの端末を変更するには、いずれかの端末にアクセスする必要があります。1台目の端末またはバックアップの端末のどちらも使用できない場合は、2段階認証の設定を変更できない場合 をご覧ください。

2段階認証に使用する、2つ目の電話番号または携帯電話を所有していない場合はどうすればよいですか?

2段階認証を利用する際に、携帯電話を所有している必要はありません。認証アプリを使用するほか、固定電話への音声通話からいつでもOTPを取得できます。

認証アプリについて詳しくは、2段階認証に認証アプリを使用するをご覧ください。

2段階認証を有効にするにはどうしたらよいですか?

既存のセラーセントラルのユーザーで、2段階認証を有効にしていない場合は、次回セラーセントラルにログインする際に、2段階認証を有効にするよう促すメッセージが表示されます。2段階認証を有効にするをクリックして、画面に表示される指示に従います。

また、Amazonウェブサイトの高度なセキュリティ設定ページにアクセスすると、同じ手順を行うよう求められます。

  • 2段階認証は Amazon アカウントに関連付けられています。Amazon の購入者と出品者の利用に同じアカウントを使用している場合、2段階認証が両方のエクスペリエンスに適用されます。
  • まだ2段階認証を設定しておらず、複数のユーザーが1つの出品用アカウントを利用している場合は、ユーザー権限画面にアクセスし、異なるメールアドレスを使ってすべてのユーザーに個別のアカウントを作成し、ユーザー権限を付与することをお勧めします。ユーザー権限を付与しない場合は、今後セキュリティ上のリスクにさらされ、その出品用アカウントを使えないユーザーが出てくる可能性があります。詳しくは、ユーザー権限の設定をご覧ください。
  • 出品用アカウントにアクセスする複数のユーザーに対し、個別の出品用アカウントのユーザー権限を付与している場合は、ユーザーごとに2段階認証の設定を行う必要があります。

2段階認証を有効にする方法に関する詳細なガイドは、2段階認証を有効にする方法をご覧ください。

アカウントにサインインする時に毎回、OTP認証が必要ですか?

2段階認証を使って出品用アカウントにサインインし、正常にアカウントにアクセスした後は、通常使用するコンピューターや端末で簡単にサインインできるように設定できます。

次回お使いのコンピューターや端末からOTPを入力するとき、このデバイスで再度コードを要求しないでくださいの隣にあるチェックボックスをオンにしてください。以降、そのコンピューターや端末では、OTPの入力が不要になります。

注: 「コードを要求しない」設定にすると、OTP の認証が要求されず、そのデバイスのアカウントのセキュリティが低下します。この設定はAmazonの管理外の様々な理由によりリセットされることもあります。その場合、Amazon では、OTP認証に関して出品者が遭遇する可能性のあるほとんどの問題に対応できません。ただし、以下の操作が2 段階認証 OTP「コードを要求しない」機能に影響を及ぼす可能性があると考えられています。
  • ブラウザーの設定でCookieの使用をブロックする。
  • キャッシュをクリアする、またはCookieを削除する(ブラウザーの設定を確認してください)。
  • PC、端末、端末のアプリケーション、およびブラウザーをアップデートする。
  • 信頼済みのデバイスを追加する際に使用したブラウザー以外のブラウザーからセラーセントラルにアクセスする。
  • ブラウザー設定に影響を与えるブラウザーツールバーを使用する。
  • プロキシとVPNサーバーの使用を含む、ブラウザーの匿名モードまたは匿名のプログラムを使用する。
  • Amazon出品アプリを使用していた場合、アプリからログアウトすると、モバイル端末で信頼済みに設定されている端末のステータスがリセットされることがあります。

セラーセントラルに異なるロケーションやネットワーク(LAN、WAN、WLAN)からアクセスしたり、IPアドレスを変更したりする。複数のユーザーが同じ認証情報を使用している場合、問題が生じやすくなることがあります。アカウントを利用する各ユーザーが、個別の認証情報を使用していることを確認してください。詳しくは、ユーザー権限の設定をご覧ください。

注: 「高度なセキュリティ設定」にアクセスすると、サインインする際にOTP認証を要求しない端末をいくつ設定しているか、確認できます。「高度なセキュリティ設定」で設定をリセットを選択すると、すべての端末で対してこの設定を解除できます。Amazon では、特定のデバイスの設定をクリアすることはできません。ただし、すべての端末がクリアされたら、次にその端末にサインインするときに、 この端末ではコードを要求しない オプションを再度選択できます。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates