新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: ドイツ連邦共和国

欧州付加価値税(EU VAT)計算サービスの算出方法

最終更新日:2021年1月1日。

内容

  1. 目的
  2. 対象範囲
  3. 概要
  4. 出品者のVAT計算サービス利用資格基準
  5. VAT登録番号
  6. VAT管轄区域の判別
  7. 物品税コードの設定
  8. 「VAT抜き価格のデフォルトの国」を割り当てる
  9. VAT抜き/VAT込み価格の判別
  10. VATが計算される販売のタイミング
  11. 返金
  12. VAT率の維持
  13. VATの請求
  14. VAT計算レポート
  15. VAT計算サービスの登録/有効化
  16. 無効化

1.目的

このページでは、AmazonのVAT計算サービスで出品者のVATを計算する際、Amazonが使用している方法について説明します。

重要: AmazonのVAT計算サービスをご利用になる前に、こちらのVAT計算方法を注意深くお読みください。すべての計算の正確性、請求、税金の報告、および税金に関連したその他の義務についての責任は、出品者が負うものとします。事業の税金設定でサポートが必要な場合は、税務専門家に相談してください。

2.対象範囲

このドキュメントに記載されている方法は、出品者がVATの徴収および関連する税務当局への納付の責任を負う注文にのみ適用されます。このドキュメントに記載されている方法は、以下の注文には適用されません。

2.1 電子商取引法におけるイギリスのVAT:

イギリスは2021年1月1日をもってEUの単一市場および関税同盟から正式に離脱しました(「ブレグジット」)。この日付以降、イギリスでは新しいVAT規則が導入されました。これにより、出品者によるイギリスの購入者への販売に対するVATの算出方法が変わる可能性があります。

2021年1月1日より、Amazonは、Amazonストアフロントで注文され、イギリスのVATに登録していないイギリスの購入者に配送された以下の商品販売に対し、イギリスのVATを徴収する責任を負います。

  1. イギリス国外に保管している出品者の在庫から配送され、発送商品の金額が135ポンド以下の商品。
  2. 出品者の所在地がイギリス以外である場合、価格に関係なく、イギリスに保管されている出品者の在庫から配送される商品

上記のいずれかに該当する場合、Amazonは購入者が購入手続きをした時点で、イギリスのVATを計算して徴収し、イギリスの税務当局に直接納付します。出品者は、決済時にイギリスのVAT金額を受け取ることはありません。また、これらの金額をイギリスの税務当局に納付する必要もありません。

北アイルランドの購入者に配送される商品の一部の販売には例外があり、出品者は引き続き、イギリスのVAT納税義務を負う場合があります。

出品者は、イギリスでVAT登録済みの法人/個人事業主のお客様への販売を含むその他の供給について、イギリスのVAT会計処理を行う責任を負います。これらの供給については、このドキュメントに記載されている計算方法が引き続き適用されます。

Amazonがこれらの供給に対するイギリスのVATを計算および徴収する方法について詳しくは、電子商取引法におけるイギリスのVATをご覧ください。

注:

Amazonが購入手続き画面で購入者からVATを徴収し、関連する税務当局に直接納付する責任を負うすべての注文について、Amazonは独自の商品関連のVAT率設定を使用してVAT計算を行います。AmazonのVAT計算サービスに対して出品者が設定した商品関連のVAT率設定は、これらの供給に対するVATの計算には使用されません。

出品者が設定した商品関連のVAT率の設定は、出品者がVATまたは輸入手数料を支払う責任を負う他のすべての供給に引き続き使用されます。

3.概要

AmazonのVAT計算サービスは、ヨーロッパ/EUのAmazonマーケットプレイスで販売された商品について、イギリス(「UK」)と27の欧州連合(「EU」または「EU27」)加盟国に対してのみVAT計算を行います。VAT計算は、出品者が決定した税金設定と、設定時に指定された関連するその他の出品者情報に基づいて行われます。AmazonのVAT計算サービスにおいて、EU域外の国およびイギリスのVAT計算は行われません。

VAT計算サービス: AmazonのVAT計算サービスでは、サードパーティ製のVAT計算ソフトウェアであるVertex Indirect Tax O Seriesを使用しています。このソフトウェアには、算出額の端数処理関連ロジックなど、VAT計算のルールとロジックが含まれています。AmazonのVAT計算サービスでは、以下のVAT計算および関連機能をサポートしています。

  • VAT率(月次更新を含む)
  • VAT管轄区域の判断
  • VAT抜き価格のロジック:
    • つまり、出品者の税込表示価格からVATを算出する方法
  • EU加盟国およびイギリス全体で特定の課税対象商品に対応する物品税コードの事前入力:
    • 例: 本、衣料品、食品
  • VAT登録番号を追加/削除する機能
  • 出品者出荷の「デフォルトの発送元」住所を1つだけ指定する機能
  • 出品者が指定するデフォルトの物品税コードを選択する機能
  • ASIN/SKUレベルの物品税コードを設定する機能
  • VAT抜き価格を決定するために、出品者が定義したデフォルトの国を選択する機能
  • 配送およびギフト包装にかかるVATを計算するための税金設定を指定する機能。
  • B2B(企業間)およびB2C(企業-消費者間)のトランザクションを処理する機能
  • VAT計算レポート;
  • 月ごとの詳細なAmazon VATトランザクションレポート(VATレポートに使用されるVAT率・VAT額・VAT抜き価格の詳細を含む)、VAT請求書および負担額通知書の生成
  • VAT請求書および負担額通知書の生成
  • イタリア国内のB2B取引に関するXML形式の請求書および負担額通知書の作成
  • VAT請求書の請求先住所や正式名称/販売事業者名を訂正する機能。
    Further information: これは、Amazonで作成されたVAT請求書の請求先住所や正式名称/販売事業者名の修正を、購入者がリクエストする状況に関連しています。出品者が作成したVAT請求書の修正はサポートされていません。
  • 非居住者の国内リバースチャージの計算。

    詳細情報: これは、購入者がVAT対象のトランザクションが行われる国に拠点を持ち、VAT登録され、かつ出品者がその国でVAT登録している(拠点はない)場合にのみ関連します。非居住者の国内リバースチャージ方式を導入している国は、ベルギー、フランス、イタリア、オランダ、スペインです。

    非居住者の国内リバースチャージトランザクションの例:

    フランスで物理的な拠点を持たないフランスのVAT登録済み出品者が、Amazon.frで12.00ユーロの商品を出品し、フランスから商品を出荷し、フランスにいるB2B購入者に商品を販売します。

    VAT率 = 0%(非居住者の国内リバースチャージ)

    VAT抜き商品価格の計算:12.00ユーロ/(1 + 0.20)= 10.00ユーロ(国内リバースチャージを算出する基準価格)。

    最終的なVAT込み商品(適用されるVATを含む)価格の計算:10.00ユーロ *(1 + 0.00)= 10.00ユーロ

現在のところ、AmazonのVAT計算サービスは、以下の計算機能およびその関連機能に対応していません。

  • 上記以外のリバースチャージの計算
    • 例: しきい値を超える携帯電話の国内取引に対する商品関連のリバースチャージの計算。その他の非居住者の国内リバースチャージなど。
  • 出品者出荷に複数の「発送元」住所を指定する機能
  • PrimeNowトランザクションのVAT計算
  • 出品者のローカルVAT登録番号に対するVAT計算(VIESで認証されていないもの)
  • デジタル商品およびサービスのVAT計算(サービス提供に付随する商品の配送を含む)
  • 商品の輸入で発生する関税、税金、および手数料の計算:
    • 例: 中国からEUに輸入した商品
  • 以下の地域の地方税率の計算(現時点では本土の税率のみに対応)。例:
    • コルシカ島(フランス)
    • アゾレス諸島・マデイラ諸島(ポルトガル)
  • カナリア諸島(スペイン)におけるカナリア諸島間接一般税(IGIC)の計算および
  • ハンガリー国内のB2B取引に関するXML形式の請求書および負担額通知書の作成

    欧州付加価値税(EU VAT)規則の対象外となるEU地域の一覧については、VAT計算サービス – よくある質問をご覧ください。

  • 規制または環境に関する手数料/税金の計算:
    • 例: ペットボトルデポジットおよび廃電気電子機器(WEEE)
  • 配送レベルでのVAT計算
    • AmazonのVAT計算サービスでは、まずユニットレベルのVATを計算し、それに購入された商品の数量を乗じます。
    • 例:購入者が商品Xを10ユニット購入した場合、AmazonのVAT計算サービスはまず商品1ユニットのVATを計算してから、その値を10倍にします。
  • 取引後のVAT計算とレポートの修正。
  • VAT申告書およびその他の税金関連レポートの作成:
    • 例: イントラスタットおよび欧州セールスリスト/要約報告書
  • Amazonフルフィルメントセンター(FC)間で輸送された商品など、出品者自身の商品のEU加盟国または北アイルランド間の国境を越えた移動に関するVAT納税義務。
    • 詳細情報: 出品者には、必要な法令遵守に関連する義務を果たす責任があります。EU域内におけるFC間の国境を越える輸送の詳細については、セラーセントラルアカウントのレポートセクションにあるAmazon VATトランザクションレポートで確認できます。
  • 現金会計スキーム、中古品売り上げ利益スキーム、または特定の出版社のVAT制度を含む特別なVATスキーム

AmazonのVAT計算サービスは、出品者がセラーセントラルで提供または設定したVAT登録番号、PTC(物品税コード)、その他のVAT計算設定、および購入者が提供するVAT登録番号(該当する場合)の正確さに依存しています。出品者は、発送元住所などの情報や設定を必要に応じてセラーセントラルで更新し、常に正確かつ最新の状態を維持する全責任を負います。 Amazonは、AmazonのVAT計算サービスによって提供されたVAT計算やVAT請求書が常に正確であること、または関連する税務当局に適切なタイミングで申告すること(サービスに申告が含まれる場合)を表明または保証しません。また、Amazonには、出品者または購入者から提供された情報を確認または修正する義務はありません(ただし、Amazonの裁量で判断する場合もあります)。特に、Amazonは、出品者または購入者から提供された情報が不正確または不完全であったことに起因する不正確なVAT請求書について、その責任を負いません。

4.出品者のVAT計算サービス利用資格基準

出品者がVAT計算サービスに登録するための要件は、以下のとおりです。

  • VAT登録番号
    • 欧州付加価値税(EU VAT)の場合、出品者がVIES(EU委員会のVAT情報交換システム)で認証された、EU域内のVAT登録番号を取得していること
      • VIESは、商品またはサービスに関する国境を越えたトランザクションにおいて、欧州連合に登録されている経済事業者のVAT識別番号を検証する電子的な手段です。
    • イギリスのVATの場合、出品者がイギリス政府の「Check a UK VAT Number」サービスで有効なイギリスのVAT登録番号を取得していいること
    • 出品者が、在庫を保管でき、VAT計算の実行をリクエストできる場所にVAT登録されていること
  • 正式名称 – セラーセントラルに登録されている出品者の正式名称は、税務当局が保有しているそれぞれのVAT登録番号に関連付けられている正式名称と一致する必要があります。
  • VAT抜き価格のデフォルトの国 – 出品者は、イギリスまたはEU27か国のいずれかを「VAT抜き価格のデフォルトの国」として選択する必要があります。選択した国において、政府認証済みVAT登録番号を取得している必要があります。
注: VAT計算サービスに登録することで、出品者は、VIES認証済みVAT登録番号を提示していない国から発送された、すべてのAmazon出荷の配送について、請求書を提供することに同意したものとみなされます(そのため、AmazonのVAT計算サービスでは請求書を作成しません)。

5.VAT登録番号

AmazonのVAT計算サービスでは、Amazonのヨーロッパマーケットプレイスに出品する際に、トランザクションに関するVATの法的責任が存在する管轄を判断するために、すべての有効なVAT登録番号(EU27か国およびイギリスのみ)を使用します。VAT計算サービスでは、VAT計算および請求書の作成について、出品者のアカウントに登録されているローカルの欧州付加価値税(EU VAT)番号は無視されます。VAT登録番号はVAT計算サービスの登録手続き中に入力できます。その後、セラーセントラルの「出品用アカウント情報」にある「納税情報」セクションで管理できます。

Amazonでは、出品者と購入者の両方から提供されたVAT登録番号の検証(以下を参照)を行います。ただしAmazonでは、VAT計算サービスで使用されるVAT登録番号の有効性をいかなるときでも保証することはできません。VAT計算サービスには、EU加盟国またはイギリス政府が付与した、政府認証済みVAT登録番号のみが使用されます。

VAT登録番号は、さまざまな方法で検証されます。

  • 欧州付加価値税(EU VAT)登録番号がEU域内の国境を越えるトランザクションで有効になっている場合、その番号はEU VAT情報交換システム(VIES)のデータベースによって検証されます。検証プロセスについて詳しくは、こちらをご覧ください。
  • イギリスのVAT登録番号がイギリス政府によって発行された場合は、イギリスのVAT番号検証システムで検証されます。検証プロセスについて詳しくは、こちらをご覧ください。
  • Amazonでは、イタリアとスペインにおいて、購入者がローカルVAT登録番号(現地税務当局のウェブサイトでのみ検証可能なVAT登録番号)を入力できるようにしています。2020年1月1日以降、これらのローカルVAT登録番号は、EU域内B2B商品供給のVAT免税対象ではなくなります。代わりに、これらのトランザクションは原産地(出荷元)VATの対象となります。これらのローカルVAT登録番号は、以下に説明するプロセスで認証されます。
    • イタリアのVAT登録番号については、イタリアの税務当局のウェブサイト、Agenziaで認証されます。
    • スペインのVAT登録番号については、VAT登録証明書のコピーが必要です。認証プロセスについて詳しくは、こちらをご覧ください。

出品者が在庫を保管する場所でVAT登録番号を取得する必要があります

  • 出品者がヨーロッパのフルフィルメントセンター(FC)のいずれかに商品を保管している場合、VAT計算サービスでVATの計算と請求を実行するには、当該管轄区域の政府認証済みVAT登録番号が必要です。たとえば、ドイツのFCに商品を保管している出品者は、ドイツのVIES認証済みVAT登録番号を取得している必要があります。
  • VAT計算サービスに正常に加入した出品者が、後になってVAT登録番号をセラーセントラルのアカウントから削除した場合、または出品者が対象の管轄区域において政府認証済み登録番号を取得していない場合、VAT計算サービスでは購入者に対しVAT込み価格が請求されますが、VAT計算の実行やVAT請求書の作成は行われません。VAT計算サービスでは、ダウンロード可能なVAT請求書のマークが付いた、全注文の領収書のみが作成されます。請求書の作成は出品者の責任で行ってください。

セラーセントラルの正式名称

VAT計算サービスでは、セラーセントラルでの出品者の正式名称が、出品者のVAT登録番号に関連付けられている正式名称と完全に一致している必要があります。正式名称を正しく入力した後、ストアフロントに別の「商号」を表示したい場合、出品者はセラーセントラルアカウントの「出品用アカウント情報」にある「店舗名」を更新することでこれを実現できます。

グループVAT登録番号

出品者はグループVAT登録番号を取得しているが、VAT計算サービスに登録している会社がグループの代表ではない場合、出品者はVAT登録番号に関連するすべての会社の正式名称が記載された「構成会社証明書」を提出する必要があります。出品者がその会社をVAT計算サービスに登録する場合、正式名称の資格審査をパスするためには、その正式名称がこの証明書に記載されている必要があります。

6.VAT管轄区域の判別

Vertexの管轄区域選択ロジックは、4つのトランザクション関連の詳細情報を使用して、B2BまたはB2Cのトランザクションのどちらであるかを判断します。また、VAT管轄区域と税の種類(VATなど)も特定します。4つのトランザクション関連の詳細情報は以下のとおりです。

  • 出品者のVAT登録番号
  • 購入者のVAT登録番号(該当する場合)
  • 発送元住所(発送国)
  • 配送先住所(到着/宛先の国)

6.1 出品者のVAT登録

出品者がセラーセントラルアカウントの出品用アカウント情報 > VAT情報(一部マーケットプレイスでは「所在地情報」)で指定した、政府認定のEUおよびイギリスのVAT登録番号すべて。

6.2 購入者のVAT登録:

購入者がAmazonアカウントで提供した、EUおよびイギリスのVAT登録番号すべての情報が考慮されます。

欧州付加価値税(EU VAT)法では、2020年1月1日以降、購入者が発送元の国とは別の国にいる場合、国境を超えた商品供給に対するVAT免除/ゼロ税率適用の実質的条件として、購入者のEU VAT番号(VIESで認証されたもの)が要求されることになっています。

購入者がVIES認証済みVAT番号を取得しておらず、かつローカルVAT番号を取得している場合、国境を超えた商品供給での欧州付加価値税(EU VAT)免税は発生せず、原産地(発送元住所)VATが請求されます。これはイタリアとスペインの購入者に適用されます。

たとえば、出品者(ドイツにおいてVIES認証済みVAT登録番号を取得している)が、スペイン国内のVAT番号しか取得していないスペインの法人/個人事業主のお客様向けにドイツから商品を出荷する場合、出品者は国境を超えた商品供給に対してVAT免除/ゼロ税率を適用することはできず、商品の移動に対して出荷元であるドイツのVATが課されます。

6.3 発送元住所

6.3.1.フルフィルメント by Amazon(FBA)を利用して発送する商品: 商品の発送時に行われる最終VAT計算では、Amazonフルフィルメントセンターからの発送について、実際の「発送元」住所(発送国)が使用されます。

6.3.2.VAT計算における出品者出荷の商品: 出品者出荷の納品では、出品者のVAT計算設定で指定された「デフォルトの発送元」住所(発送国)が使用されます。実際の発送元とは異なる場合、出品者はセラーセントラルのアカウントでデフォルトの発送元住所を更新する必要があります。

6.4 発送先住所:

「発送先」住所は、購入者が指定した国、州/郡、市、および郵便番号に基づいています。AmazonのVAT計算サービスでは、特定のVAT除外地域に出荷された注文のVAT計算も処理されます。AmazonのVAT計算サービスでは、購入者が指定した住所と相互参照したときにシステムが最も正確であると判断した納税地に基づいて税額が計算されます。

6.5 EUの遠隔販売

EUのVAT規則では、VAT計算サービスとAmazon VATサービスは、ともに、出品者が有効なVAT登録番号(出品者がセラーセントラルアカウントで指定したもの)を取得していることを確認した時点で、出品者が荷物の到着国での課税を選択したものとみなします。つまり、EU域内の購入者に対して国境を越えて商品を販売(遠隔販売)する場合、出荷到着国(「宛先国」)で有効なVAT登録番号を利用できるなら、そのEU加盟国で常時課税されることになります。

遠隔販売に適用される一般的なVAT規則では、出品者が特定のEU加盟国への遠隔販売のしきい値に到達しない限り、売上に対する課税は発送元のEU加盟国(発送国)で課税されると定められています。ただし、出品者は遠隔販売に対して商品到着国での即時課税を選択することもできます。そのため、1つまたは複数のVAT登録国で遠隔販売のしきい値を超えていない場合は、VAT計算サービスに登録する前に、到着先のEU加盟国で遠隔販売に関する即時課税を選択する旨を、関連する税務当局に通知する必要があります。

7.物品税コードの設定

物品税コードは、VATの納税義務のある国(税管轄区域)で出品者の出品商品に適用されるVAT率を判断するために重要です。

VAT計算サービスが有効になると、標準税率の物品税コード(A_GEN_STANDARD)が出品者のデフォルトの物品税コードとして設定されます。VAT計算サービスでは、各国の商品に標準のVAT率が適用されます(たとえば現在ではドイツ19%、英国20%)。

このシステムのデフォルト設定を変更し、別の物品税コードを割り当てる場合には、出品者が税金設定で選択したデフォルトの物品税コードの割り当てを変更するか、出品レベルでの物品税コードの割り当てを設定します。出品レベルでの物品税コードの割り当ては、個々の出品に適用され、出品者が選択したデフォルトの物品税コードとは異なる物品税コードを選択する場合にも使用できます。出品レベルの物品税コードの割り当ては、デフォルトの物品税コードよりも優先されます。

特定の物品税コードおよび関連するVAT率の一覧については、こちらをご覧ください。

注: VAT計算で有効になるよう、物品税コードはすべてEUのセラーセントラルヘルプページで表示されるとおり正確に入力する必要があります。物品税コードが無効な場合はVAT計算で無視され、出品者のデフォルトの物品税コードが使用されます。出品レベルの物品税コードの割り当ては、出品者が割り当てを行うマーケットプレイスでのみ有効です。割り当てをヨーロッパのすべてのマーケットプレイスで有効にするには、出品者は各マーケットプレイスで出品レベルの物品税コード割り当てを行う必要があります。

8.「VAT抜き価格のデフォルトの国」を割り当てる

注: VAT計算サービスとフルフィルメント by Amazon(FBA)プログラムに登録した場合、Amazon出荷の商品と出品者出荷の商品とでVATの処理方法が異なることがあります。「デフォルトの発送元」住所と「VAT抜き価格のデフォルトの国」を常に正確かつ最新の状態に保つ責任は、すべて出品者にあります。

8.1.フルフィルメント by Amazon(FBA)の商品:

  • FBAに登録しているヨーロッパの出品者: 出品者がセラーセントラルアカウントの「デフォルトの発送元」の国で政府認証済みVAT登録番号を取得している場合、出品者の税金設定で「VAT抜き価格のデフォルトの国」は事前選択され、「デフォルトの発送元」(発送場所)住所の国を反映します。
  • FBAに登録されたヨーロッパ以外の出品者: イギリスおよびEU加盟国外の場所から商品を出荷し、FBAサービスを利用しているヨーロッパ以外の出品者は、「VAT抜き価格のデフォルトの国」を指定する必要があります。出品者は、選択した国について、イギリスまたはEU27か国で有効な政府認証済みVAT登録番号を、自身のセラーセントラルアカウントで所有している必要があります。
    注: ヨーロッパ以外から商品を輸入し、輸入関税と税金を支払い、EU27か国またはイギリスのいずれかの場所から現地(イギリス国内またはEU域内)販売を行う場合、出品者は輸入地点をデフォルトの発送元住所として指定できます。この場合、「VAT抜き価格のデフォルトの国」が事前選択され、デフォルトの発送元住所の国を反映します。

8.2出品者出荷の商品:

「デフォルトの発送元」(発送場所)住所がヨーロッパ以外にある出品者の場合、VAT計算サービスによるVAT請求書の作成やVAT計算は行われません。出品者には、出品者出荷のすべての注文について、VAT請求書を作成し、VATを計上する責任があります。

9.VAT抜き/VAT込み価格の判別

AmazonのVAT計算サービスでは、次の3つの主な要素を使用して、商品の出品、注文確定時、請求書に表示されるVAT計算をサポートしています。

  • 出品者が提供したVAT登録番号およびVAT計算設定
  • Vertex Indirect Tax O Seriesに組み込まれたロジックとルール
  • Amazonが適用する付随の方法。例: VAT抜き価格の判定、注文内の個別の商品に対する注文レベルのプロモーションの割り当てなど

AmazonのVAT計算サービスでは、出品者が提示する税込販売価格(「表示価格」)と、出品者のVAT登録状況に基づく以下に記載のロジックを使って、どのVAT税率で税抜価格(「VAT抜き価格」)を設定するかが決定されます(該当する場合)。

9.1 表示価格からVATを計算して(実際の価格または)VAT抜き価格を決定

出品者には、商品を出品する地域のマーケットプレイス(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン)の購入者に向けた商品表示価格を提供することが求められます。 そのため、表示価格からのVATの計算は、通常、以下の順序で実行されます。

9.1.1.企業間(B2B)トランザクションの場合:

  • 出品者が、マーケットプレイス所在国の政府認証済みVAT登録番号を取得している場合、VAT計算サービスでは、そのマーケットプレイスのVAT率を使用して、表示価格からVAT抜き価格を決定します。適用されるVAT率は、出品者が税金設定で定義した物品税コードとその他のロジック要件によって異なります。または、
  • 出品者が、マーケットプレイス所在国の政府認証済みVAT登録番号を取得していない場合、VAT計算サービスでは、出品者が定義する「VAT抜き価格のデフォルトの国」でのVAT率を使用して、表示価格からVAT抜き価格を決定します。適用されるVAT率は、出品者が税金設定で定義した物品税コードとその他のロジック要件によって異なります。

9.1.2.企業-消費者間(B2C)トランザクションの場合:

  • 出品者が、配送先の国において政府認証済みVAT登録番号を取得しておらず、VAT登録していない購入者に商品を発送する場合、VAT計算サービスでは「発送元」の国のVAT率を使用して、表示価格からVAT抜き価格を決定します。適用されるVAT率は、出品者が税金設定で定義した物品税コードによって異なります。または、
  • 出品者が、マーケットプレイス所在国の政府認証済みVAT登録番号を取得している場合、VAT計算サービスでは、そのマーケットプレイスのVAT率を使用して、表示価格からVAT抜き価格を決定します。適用されるVAT率は、出品者が税金設定で定義した物品税コードによって異なります。または、
  • 出品者が配送先の国において政府認証済みVAT登録番号を取得しており、かつ「VAT抜き価格のデフォルトの国」を指定している場合、VAT計算サービスでは「VAT抜き価格のデフォルトの国」のVAT率を使用して、表示価格からVAT抜き価格を決定します。適用されるVAT率は、出品者が税金設定で定義した物品税コードによって異なります。または、
  • その他のすべての場合、VAT計算サービスは、「発送元」(前述の欧州付加価値税(EU VAT)遠隔販売ルールも参照)の国のVAT率を使用して、表示価格からVAT抜き価格が決定されます。適用されるVAT率は、出品者が税金設定で定義した物品税コードによって異なります。

上記に示すVAT抜き価格を決定する方法の例は、以下のとおりです。以下の例では、ドイツの標準VAT率(19%)とポーランドのVAT率(23%)が使用されます。実際に使用されるVAT率は、物品税コードによって異なります(セクション7.0を参照)。

例A:

  • EU企業間(B2B)トランザクション: マーケットプレイス所在国でVAT登録されている出品者が、EU内のVAT登録済み購入者に商品を販売します。この場合マーケットプレイス所在国のVAT税率を使用してVAT抜き価格が算出されます。

    ドイツでVAT登録済みの出品者が、11.90ユーロで商品をAmazon.deに出品する場合、VAT対象商品には、標準税率で計算された次のVAT抜き価格(または適用されるVATを含む支払合計金額)が表示されます。

    11.90 ÷(1 + 0.19)= 10.00ユーロ

  • EU企業間(B2B)トランザクション: マーケットプレイス所在国でVAT登録番号を取得していない出品者が、EU内のVAT登録済み購入者に商品を販売します。この場合、「VAT抜き価格のデフォルトの国」のVAT率を使用してVAT抜き価格が算出されます。

    ポーランドでVAT登録し、「VAT抜き価格のデフォルトの国」もポーランドに設定し、ドイツではVAT登録していない出品者が、12.30ユーロで商品をAmazon.deに出品します。この場合、VAT対象商品には、標準税率で計算された次のVAT抜き価格(適用されるVATを含む支払合計金額)が表示されます。

    12.30 ÷(1 + 0.23)= 10.00ユーロ

例B:

EU企業-消費者間(B2C)トランザクションの場合: 配送先の国のVAT登録番号を取得していない出品者が、EU内でVAT登録していない購入者に商品を発送します。この場合、VAT計算サービスでは、「発送元」(遠隔販売についてのコメントをご覧ください)の国のVAT率を使用して、表示価格からVATを除いた価格か決定されます。適用されるVAT率は、出品者が税金設定で定義した物品税コードによって異なります。

注:

EU B2Cトランザクションの結果の例は、以下のとおりです。EU B2Cトランザクションの結果の一覧については、セクション9.1「表示価格からVATを計算してVAT抜き価格を決定」をご覧ください。

ドイツのVAT登録済み出品者が、11.90ユーロで商品をAmazon.deに出品し、商品をドイツからポーランドの購入者へ発送する場合、VAT対象商品には、標準税率で計算された次のVAT抜き価格が表示されます。

11.90 ÷(1 + 0.19)= 10.00ユーロ

注: Amazonの法人/個人事業主のお客様: 上記のロジックは、Amazonのウェブサイトで、Amazon Businessサービスの一部としてAmazonの法人/個人事業主のお客様に表示される商品のVAT抜き価格を算出する際にも使用されます。

9.2 VAT抜き価格に対するVATの計算:

VAT抜き価格が決定された後、上記のロジックに基づいて、VAT抜き価格に対するVAT計算が再度実行されます。これにより、正確なVAT込み価格、つまり購入者に請求される合計金額が算出されます。

9.2.1.商品に対するVATの計算:

VAT抜き価格か決定された後、上記の方法でVAT計算を行うことにより、最終的なVAT込み販売価格が決定されます。この計算では、3つの主な要素(VAT登録番号、Vertexのルールとロジック、およびAmazonが適用する付随の方法)が考慮されます。

VAT計算の例は、以下のとおりです。

  • EU企業-消費者間(B2C)トランザクションの場合: ドイツとオーストリアでVAT登録済みの出品者が、11.90ユーロで商品をAmazon.deに出品し、ドイツから商品を発送し、オーストリアに拠点を置くB2Cの購入者に商品を販売します(VAT率 = 20%)。

    VAT抜き商品価格の計算: 11.90 ÷(1 + 0.19)= 10.00ユーロ

    最終的なVAT込み商品価格の計算: 10.00 ×(1 + 0.20)= 12.00ユーロ

    これは、オーストリアでは20%のVATが適用されるためです。VAT抜き価格は変わりませんが、オーストリアのVAT率が高いために、購入者が支払う価格は上昇します。

  • EU企業間(B2B)トランザクション: ドイツとオーストリアでVAT登録済みの出品者が、11.90ユーロで商品をAmazon.deに出品し、ドイツから商品を発送し、オーストリアに拠点を置くB2Bの購入者に商品を販売します(VAT率 = 0% – 域内商品供給)。

    VAT抜き商品価格の計算: 11.90 ÷(1 + 0.19)= 10.00ユーロ

    最終的なVAT込み(適用されるVATを含む支払合計金額)商品価格の計算: 10.00 ×(1 + 0.00)= 10.00ユーロ

  • EU企業間(B2B)トランザクション: ドイツとイタリアでVAT登録済みの出品者が、11.90ユーロで商品をAmazon.deに出品し、ドイツから商品を発送し、イタリアのローカルVAT番号を取得しているイタリアに拠点を置く購入者に販売します。

    VAT抜き商品価格の計算: 11.90 ÷(1 + 0.19)= 10.00ユーロ

    最終的なVAT込み商品価格の計算: 10.00 ×(1 + 0.19)= 11.90ユーロ

    購入者が取得しているのはイタリアのローカルVAT番号であるため、遠隔販売のVATは請求できず、原産地VATが請求されます(つまり、B2C販売ではないため、遠隔販売のVAT規則は適用不可)。また、購入者のVAT番号がVIESで認証されていないため、EU域内商品供給に対する0%のVAT免税も適用できません。

9.2.2.プロモーションに対するVATの計算:

プロモーションは税込定額です。つまり、VAT込みプロモーション金額は、最終的にVAT込み販売価格を計算するときにのみ決定されます(セクション8.2Aを参照)。プロモーションに対して計算されるVATは、その商品に関連付けられているVAT率に従います。VAT込みプロモーション価格が決定された後、商品に関連付けられているVAT率を使用して、VAT抜きプロモーション価格が算出されます。

例A:

  • EU企業-消費者間(B2C)トランザクションの場合: ドイツとオーストリアでVAT登録済みの出品者が、11.90ユーロで商品をAmazon.deに出品し、オーストリアに拠点を置くB2Cの購入者に、10%のプロモーション付きで商品を販売します(VAT率 = 20%)。

    VAT抜き商品価格の計算: 11.90 ÷(1 + 0.19)= 10.00ユーロ(Amazon.deウェブサイトの表示価格)

    VAT込み商品価格の計算: 10.00 ×(1 + 0.20)= 12.00ユーロ(オーストリアのVATを適用)

    VAT込み商品プロモーションの計算: 12.00 × 0.10 = 1.20ユーロ

    VAT抜き商品プロモーションの計算: 1.20 ÷(1 + 0.20)= 1.00ユーロ

    最終的なVAT込み商品価格の計算: 12.00 - 1.20 = 10.80ユーロ

例B:

  • EU企業間(B2B)トランザクション: ドイツとオーストリアでVAT登録済みの出品者が、11.90ユーロで商品をAmazon.deに出品し、10%のプロモーション付きで、オーストリアに拠点を置くB2Bの購入者に商品を販売します(VAT率 = 0% – VIESで認証されたVAT番号指定に基づく域内商品供給)。

VAT抜き商品価格の計算: 11.90 ÷(1 + 0.19)= 10.00ユーロ(Amazon.deウェブサイトの表示価格)

VAT込み商品価格の計算: 10.00 ×(1 + 0.00)= 10.00ユーロ

VAT込み商品プロモーションの計算: 10.00 × 0.10 = 1.00ユーロ

VAT抜き商品プロモーションの計算: 1.00 ÷(1 + 0.00)= 1.00ユーロ

最終的なVAT込み商品価格の計算: 10.00 - 1.00 = 9.00ユーロ

9.2.3.配送料に対するVATの計算:

配送料は税込定額です。つまり、セクション6.0に記載されているトランザクションの詳細によって配送料が変わることはありません。VAT抜き配送料の場合のみ、トランザクションによって価格が変わる場合があります。以下の配送料の課税オプションをご覧ください。

例A:

  • EU企業-消費者間(B2C)トランザクションの場合:

    ドイツとオーストリアでVAT登録済みの出品者が、ドイツからドイツ(19%)とオーストリア(20%)のB2Cの購入者にそれぞれ商品を発送します。VAT込み配送料は、両国とも5.00ユーロです。どちらの場合も、購入者は常に5.00ユーロ全額を支払います

    ドイツの購入者へのVAT込み定額配送料:5.00ユーロ

    VAT抜き配送料の計算: 5.00 ÷(1 + 0.19)= 4.20ユーロ

    オーストリアの購入者へのVAT込み定額配送料:5.00ユーロ

    VAT抜き配送料の計算: 5.00 ÷(1 + 0.20)= 4.17ユーロ

  • EU企業間(B2B)トランザクション:

    ドイツとオーストリアでVAT登録済みの出品者が、ドイツからドイツ(19%)とオーストリア(0% – VIESで認証されたVAT番号指定に基づく域内商品供給)のB2Bの購入者にそれぞれ商品を発送します。VAT込み配送料は、両国とも5.00ユーロです。どちらの場合も、購入者は常に5.00ユーロ全額を支払います。

    ドイツの購入者へのVAT込み定額配送料:5.00ユーロ

    VAT抜き配送料の計算: 5.00 ÷(1 + 0.19)= 4.20ユーロ

    オーストリアの購入者へのVAT込み定額配送料:5.00ユーロ

    VAT抜き配送料の計算: 5.00 ÷(1 + 0.00)= 5.00ユーロ

配送料の課税オプション:

デフォルトでは、各配送料に対応する商品と同じ物品税コードが割り当てられます。そのため、配送料には同じ商品の課税ルールが適用されます。出品者は、配送料が常に標準のVAT率で課税されるかどうかを指定することで、デフォルトの配送料の課税ルールを上書きできます。

事業の税金設定についてサポートが必要な場合は、税務専門家に相談してください。

9.2.4.ギフト包装料に対するVATの計算:

ギフト包装料は税込定額です。つまり、セクション6.0に記載されているトランザクションの詳細によってギフト包装の合計金額が変わることはありません。VAT抜きギフト包装料の場合のみ、トランザクションによって価格が変わる場合があります。ギフト包装料の課税オプションをご覧ください。

例A:

  • EU企業-消費者間(B2C)トランザクションの場合:

    ドイツとオーストリアでVAT登録済みの出品者が、商品をギフト包装し、ドイツからドイツ(19%)とオーストリア(20%)の購入者にそれぞれ発送します。VAT込みギフト包装料は、両国とも3.00ユーロです。どちらの場合も、購入者は常に3.00ユーロ全額を支払います。

    ドイツの購入者へのVAT込み定額ギフト包装料:3.00ユーロ

    VAT抜きギフト包装料の計算: 3.00 ÷(1 + 0.19)= 2.52ユーロ

    オーストリアの購入者へのVAT込み定額ギフト包装料:3.00ユーロ

    VAT抜きギフト包装料の計算: 3.00 ÷(1 + 0.20)= 2.50ユーロ

  • EU企業間(B2B)トランザクション:

    ドイツとオーストリアでVAT登録済みの出品者が、商品をギフト包装し、ドイツからドイツ(19%)とオーストリア(0% – VIESで認証されたVAT番号指定に基づく域内商品供給)の購入者にそれぞれ発送します。VAT込みギフト包装料は、両国とも3.00ユーロです。どちらの場合も、購入者は常に3.00ユーロ全額を支払います。

    ドイツの購入者へのVAT込み定額ギフト包装料:3.00ユーロ

    VAT抜きギフト包装料の計算: 3.00 ÷(1 + 0.19)= 2.52ユーロ

    オーストリアの購入者へのVAT込み定額ギフト包装料:3.00ユーロ

    VAT抜きギフト包装料の計算: 3.00 ÷(1 + 0.0)= 3.00ユーロ

ギフト包装料の課税オプション:

デフォルトでは、各ギフト包装料に対応する商品と同じ物品税コードが割り当てられます。そのため、ギフト包装料には同じ商品の課税ルールが適用されます。出品者は、ギフト包装が常に標準のVAT税率で課税されるかどうかを指定することで、デフォルトのギフト包装料の課税ルールを上書きできます。

事業の税金設定についてサポートが必要な場合は、税務専門家に相談してください。

10.VATが計算される販売のタイミング

VATは、注文確定日に有効であるVAT計算ルールおよびVAT率を使用して、注文確定時に事前に計算されます。ただし、購入者に実際に請求されるVATは、支払いの請求が承認された時点で有効なVAT計算ルール(出品者および購入者のVAT登録状況を含む)、VAT率および実際の発送元/発送先住所に基づきます。

支払いの請求の承認は、発送方法に応じて、注文の送信直後に行われる場合と、商品の発送直前に行われる場合があります。

注文確定日と支払いの請求の承認日の間に、さまざまな変更がある可能性があります。そのため、事前に計算されたVAT額が、実際に請求される金額と異なる場合があります。たとえば、VAT計算ルールやVAT率、実際の発送元住所が変更になる場合があり(フルフィルメント by Amazonの設定で確認)、結果として課されるVATの増減につながり、利益率が増減する可能性があります。

11.返金

すべての返金額はVAT抜きで処理されます。返金のVAT計算は、関連する元の販売トランザクションのVAT計算処理に従います。

購入者への返金処理は、商品がフルフィルメント by Amazon(FBA)によって配送されたか、出品者出荷によって配送されたかによって異なります。

11.1 FBAを使用した商品の出荷:

AmazonのVAT計算サービスでは、購入者が返品を行う場合、および購入者が返品を行わない場合の返金と調整に関するVATが計算されます。たとえば、出品者は商品に対して一部返金を行うものの、購入者に返品を求めない場合があります。

注: Amazonは、任意支払/任意返金として指定された調整に対しては、VATの計算を行いません。AmazonのVAT計算サービスでは、最初に販売されてから返品されるまでの期間を考慮せずに、物理的な商品の返品に対してVAT計算を行います。

11.2 出品者出荷の商品:

AmazonのVAT計算サービスでは、出品者がセラーセントラルから行うすべての返金に対してVAT計算を行います。このような返金はすべて、出品者が独自の裁量で行います。

注: Amazonは、任意支払/任意返金として指定された調整に対しては、VATの計算を行いません。

AmazonのVAT計算サービスでは、負担額通知書と新しい0%のVAT請求書を作成するVATのみの返金はサポートしていません。これは主に、EU内でB2Bの国境を越えた商品供給に適用されます。購入者が他のEU加盟国のVAT登録番号を出品者に後で伝え、課税されたVATの返金を申請する場合です。VATのみの返金を処理する場合は、出品者は任意返金のオプションを使用し、独自の負担額通知書と新しいVAT請求書を作成する必要があります。

12.VAT率の維持

VAT率、VAT計算ルールおよびロジックは、サードパーティーのプロバイダーであるVertexによって提供されます。Amazonは月末前に、Vertexから提供される月次更新を実施します。

13.VATの請求

AmazonのVAT計算サービスでは、購入者宛てのVAT請求書と負担額通知書が出品者の名前で、また出品者に代わり、自動的に作成されます。ただし、AmazonのVAT計算サービスを使用して作成されたVAT請求書については、出品者がその法的な発行者となります。VAT計算と請求書の作成は、有効日より前に受注し、有効日より後に出荷された注文についても行われます。出品者は、VAT計算サービス登録後に発生するこれらの注文とすべてのトランザクションについて、VAT請求書および負担額通知書を作成しないことを確認する必要があります。

出品者は必要に応じて、VAT計算サービスに登録する前にトランザクションが成立したものの、サービス登録後に返品/返金になった場合の負担額通知書を作成する必要があります。

注: AmazonのVAT計算サービスでは、イギリスのVAT法および欧州付加価値税(EU VAT)指令のルールを使用してVAT請求書が作成されます。特定の国に適用される例外はありません。出品者は必要に応じて、VAT計算サービスに登録する前にトランザクションが成立したものの、サービス登録後に返品/返金になった場合の負担額通知書を作成する必要があります。

13.1請求書番号

一意のVAT請求書と負担額通知書は、出品者が政府認証済みVAT登録番号を取得している国ごとに順番に作成され、書類に印刷されます。請求書番号は番号順に作成されます。出品者がVAT計算サービスを無効にし、再度有効にした場合、順番は最後の番号から続けられます。

13.2.書類の種類:

  • 簡易VAT請求書と簡易負担額通知書: これらの書類は、出品者がスペインのVAT登録番号を使用し、VAT登録番号、会社登記番号、または国民IDを提供していない購入者に販売した場合に作成されます。
  • 領収書: 以下の場合、VAT請求書は作成されません。
    • 出品者がAmazonアカウントでイタリアのVAT登録番号を使用し、VAT登録番号またはCodice Fiscalを提供していない購入者に販売した場合。
    • 出品者がヨーロッパのフルフィルメントセンターのいずれかから商品を発送したが、その管轄区域で認証されたVAT登録番号を取得しておらず、それらの注文に対してダウンロード可能なVAT請求書マークが付与された場合。
  • XML形式の請求書: この請求書は、次の条件を満たしている場合に、イタリア国内のB2B販売に対して作成され、SDI(Sistema di Interscambio)から購入者に直接送付されます。
    • 出品者はSDI、アカウントID、認証済みのEメールアドレスを入力している。または、
    • 出品者はVAT登録番号を取得しており、物理的にイタリアに在住している(物理的にイタリアに在住していると判断されるのは、出品者のイタリアのVAT登録番号に関連付けられている住所がイタリアである場合)。詳細については、VAT計算サービス – よくある質問をご覧ください。

13.3.VAT請求書へのアクセス:

VAT請求書は、セラーセントラルでダウンロードできます。

  • 手数料明細書 – 「レポート」タブの下にある「タックス関連文書ライブラリ」フォルダーを開き、「手数料明細書」タブを選択するとアクセスできます。
  • Amazon VAT計算の請求書 – 出品者はセラーセントラルのアカウントを開き、VAT計算サービスにより作成されたVAT請求書を一括ダウンロードできます。「レポート」タブの下にある「タックス関連文書ライブラリ」フォルダを選択し、「Amazon VAT計算」タブをクリックして、「レポートの種類」ドロップダウンボックスから「VAT請求書」を選択します。請求書URLは、選択した期間で抽出されたVAT計算レポートにも組み込まれます。
  • イタリアのXML形式の請求書 – 出品者は、イタリアの税務当局ウェブサイトの個人税務ポータルから、イタリアのXML形式の請求書を入手できます。Amazonでは、セラーセントラルで、注文ごとに複写のPDF文書を提供していますが、これは正式な請求書ではありません。出品者は、個人税務ポータルからのみ正式な請求書を受け取ることができます。

14.VAT計算レポート

AmazonのVAT計算サービスを利用している出品者の場合、VAT計算レポートには出品者のVAT計算情報が含まれます。この情報は、出品者の定期的なVAT申告書の提出準備に役立ちます。出品者は、セラーセントラルのアカウントから、このレポートにアクセスできます。 「レポート」タブの下にある「タックス関連文書ライブラリ」フォルダを選択し、「Amazon VAT計算」タブをクリックして、「レポートの種類」ドロップダウンボックスから「VAT計算」を選択します。

その他の情報は、セラーセントラルのアカウントの「レポート」セクションにある月次のAmazon VATトランザクションレポートでも確認できます。

税金関連の申告書の編集および提出でサポートが必要な場合は、税務専門家に相談してください。

15.VAT計算サービスの登録/有効化

VAT計算サービスの登録時に、出品者は計算サービスの開始時期を決定できます。VAT計算設定は、出品者が選択した有効日の午前12時00分00秒(協定世界時)から有効になります。

計算サービスの有効化後に出品者が開始日を変更した場合、変更がシステムに反映されるまで30分かかります。変更が行われた期間のトランザクションを確認し、必要に応じて修正することをお勧めします。

16.無効化

出品者は、VAT計算サービスを無効にすることができます。出品者は、無効化した日付以降、VAT計算、請求書の発行、およびレポートについて、一切の責任を負うものとします。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates