新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: ドイツ連邦共和国

消費者への食品情報提供に関する規制

出品者は、出品商品が法的要件を満たしているかどうかを確認するものとし、これに一切の責任を負うものとします。Amazonで法的なアドバイスを提供することはできません。商品について提供する必要がある情報に関して不明な点がある場合や、法的要件に関して不明な点がある場合は、個別に法的アドバイスを受けることを強くお勧めします。

概要

EUの要件

ヨーロッパのAmazonウェブサイトで販売されているすべての食品は、欧州消費者向け食品情報規則を遵守する必要があります(EU FIC、1169/2011/ECを参照してください)。 この法規では、食品の表示義務に関する要件が定められています。

遠隔販売(オンラインでの商品の販売など)の場合は、販売(Amazonの商品詳細ページ)と受け渡し(購入者が商品を受領)の両方の時点において、必須情報が提供される必要があります。販売時点で提供される情報に関しては、商品自体の鮮明な画像や、商品詳細ページのテキストを使用する方法があります(画像と商品詳細ページの情報は相互に矛盾がないものとします)。食品に出品中の商品がある場合、その情報が常に正確で最新のものであることを確認するのは出品者の責任です。

包装済み食品のラベル貼付については、後述の主な要件の概要をご覧ください。法律に目を通し、関連するすべての要件を遵守していることを確認してください。このガイドは法的なアドバイスを行うものではありません。

イギリスの要件

2021年1月1日以降は、2019/529の食品規制(改正版)(EU離脱)に基づいて、EU FICの改訂版がイギリスでの食品の販売に適用されます。商品には、販売する地域によって異なるルールが適用されます。

  1. グレートブリテン(イングランド、スコットランド、およびウェールズ)
  2. 北アイルランド

遠隔販売(オンラインでの商品の販売など)の場合は、販売時点(商品詳細ページ)と受け渡し時点(購入者が商品を受領した場合)の両方において、必須情報が提供される必要があります。販売時点で提供される情報に関しては、商品自体の鮮明な画像や、商品詳細ページのテキストを使用する方法があります(画像と商品詳細ページの情報は相互に矛盾がないものとします)。

包装済み食品のラベル貼付については、後述するイギリスの主な要件の概要をご覧ください。

EUとイギリスの両方の法律を読み、関連するすべての要件を遵守していることを確認してください。この資料は参照用資料にすぎず、法的なアドバイスを与えることを目的としたものではありません。商品に関する法律および規制について不明な点がある場合は、EUおよびイギリスの法律を確認し、さらに、法律顧問に相談することをお勧めします。この資料はあくまでも執筆時点での殺生物性製品の位置付けを反映するものであり、EUおよび/またはイギリスにおける要件は変更される可能性があります。出品者の商品に関するブレグジットの最新ガイダンスがある場合は、それを参照して、2021年1月1日以降に影響する可能性のある変更の詳細をご確認ください。

EUの要件 - 対象範囲

食品(または食料品)とは、加工、一部加工、未加工を問わず、人による摂取が意図または合理的に期待される物質または生産品を指します。

以下の食品の例をご覧ください。

  • 乳児用粉ミルクと離乳食品
  • 製菓および調理材料
  • 飲料(ビール&ワインを含む)
  • 調理済みの食品
  • 代用食
  • 缶詰商品
  • シリアル
  • 調味料とスプレッド
  • 商品サプリメント(「健康増進」、「栄養補給」、「ダイエット」、「美容」のサプリメントを含む)
  • ギフトバスケット
  • パスタ・穀物
  • 軽食・デザート
  • 液体(飲料タイプのサプリメント、スープなど)

追加要件が適用される他の食品として、以下のものがあります。

包装済み商品

このガイダンスは、包装済み食品に適用されます。包装済み商品とは、販売前に包装されており、包装を開封したり取り替えたりしないと変更を加えることができない食品です。たとえば、冷凍食品、果物の缶詰、戸棚に置いておくような基本的な食料品(シリアルやビスケットなど)です。

ウェブサイト掲載商品および包装済み商品の必須要件

商品の性質に応じて、必須情報が商品ラベルに記載されている必要があります。適用される要件について詳しくは、以下をご覧ください。

次の商品情報は、包装済み商品の商品詳細ページや物理的なラベルに、その商品を販売する国の言語で記載する必要があります。(ドイツの場合は ドイツ語、フランスの場合は フランス語など)。情報は見やすく、判読可能で、フォントサイズの要件に準拠している必要があります。

商品タイプ 情報の掲載場所 必須情報 必要に応じた情報*例外は後述
包装済み商品 物理的なラベル
  • 食品の正式名称
  • 正味量(重量)
  • 耐久性の表示(例:「賞味期限」- 大部分の商品、「使用期限」- 痛みやすい商品)((i)賞味期限の日付(「賞味期限」)、または(ii)食品が非常に痛みやすく、短期間経過しただけで人の健康に直接危険を及ぼす可能性が高い場合 は「使用期限」)
  • 企業情報 - EUの食品事業者の名前と住所
  • 成分の一覧
  • アレルギー物質情報
  • 原産国のラベル貼付
  • アルコールの含有量が1.2%を超える飲料(アルコール度数)
  • 量的原材料表示(QUID)
  • 特別な保存方法
  • 使用上の注意
  • 栄養成分表
包装済み商品 商品詳細ページ
  • ただし、上記のとおり、品質保持期限およびロット番号の指定は必要ありません
上記のとおり

商品ラベル、商品詳細ページ、またはその両方に適用される例外については、以下をご覧ください。

*以下の商品は、包装済み商品の品質期限を表示しなくてもよい例外です。これらの例外の場合は、代わりにロット番号を表示することができます。

  • 皮剥き、カット、または同様に処理されていない生鮮の果物と野菜(豆もやしなどの発芽種子や類似商品を除く)
  • ワイン、リキュールワイン、スパークリングワイン、およびブドウ以外の果物から作られた類似商品
  • アルコール度数が10%以上の飲料
  • 焼き菓子商品
  • 通常、製造業者から出荷後24時間以内に消費される焼き菓子商品または保存加工されていないペストリー商品
  • 食塩
  • 砂糖(固形)
  • ほぼ風味付きか着色済みの砂糖のみで作られた製菓商品
  • チューインガムおよび同様の咀嚼商品

*成分一覧のラベル貼付義務の例外(FIC規制の第19条)は、たとえば以下の食品にあります。

  • 新鮮な果物と生鮮野菜(皮を剥いたり切ったりしていないもの)
  • 炭酸水
  • 単体の基本商品に由来する発酵酢で、他の成分を添加していないもの
  • チーズ、バター、発酵乳、クリーム(乳製品、食品酵素、微生物培養物、塩以外の成分が含まれていない場合)
  • 食品名と原材料名が一致する単一成分の商品の場合(小麦粉、米など)

*以下の食品には、栄養成分表示(FIC規制の付属書V)のラベル貼付義務の例外があります。

  • 1つの成分または1つの成分カテゴリーから作られた未加工食品
  • 1つの成分または1つの成分カテゴリーから作られた加工食品で、加工が熟成のみの場合
  • 水(二酸化炭素やフレーバーを加えた水を含む)
  • ハーブおよびハーブの混合物
  • 塩および塩の代用品
  • コーヒー、コーヒー豆、インスタントおよび水溶きコーヒー(脱カフェインも含む)
  • ハーブおよび果物の浸出液、茶、脱カフェイン茶、インスタントまたは水溶き茶、茶エキスで、栄養価に影響しないフレーバー以外の成分が加えられていない場合
  • 発酵酢と酢の代用品(添加された成分がフレーバーのみのものを含む)
  • フレーバー
  • 食品添加物
  • 加工助剤
  • 食品酵素
  • ゼラチン
  • ジャムセッティングコンパウンド
  • イースト
  • チューインガム

注: ジャム、魚、ハチミツ、コーヒー、チョコレート、フルーツジュース、ミネラルウォーター、牛肉、子牛の肉など、特定の食品に関する既存の規則に加えて、これらの一般的な規則が適用されます。
アレルギー物質のラベルの貼付

アレルギー物質として特定された成分は、成分の一覧で強調表示する必要があります。

以下の成分はアレルギー物質です。食品にこれらのアレルギー物質が含まれる場合は、特徴的なタイプセット(すべて大文字など)で強調する必要があります。

1169/2011/EC: 栄養成分表示の追加情報

  • グルテンを含むシリアル。例:小麦、ライ麦、大麦、オート麦、スペルト麦、カムト麦、またはそのハイブリッド種および麦製品(ブドウ糖を含む麦系グルコースシロップ、小麦系マルトデキストリン、大麦に基づくグルコースシロップ、エチルアルコールを含むアルコール蒸留物の製造に使用されるシリアルを除く)
  • 甲殻類および甲殻類製品
  • 卵および卵製品
  • 魚および魚製品(ビタミン剤またはカロチノイド調剤のキャリアとして使用される魚ゼラチン、ビールやワインのファイニング剤として使用される魚ゼラチンまたはアイシングラスを除く)
  • ピーナッツおよびピーナッツ製品
  • 大豆および大豆製品(完全精製大豆油および脂肪、天然混合トコフェロール(E306)、天然D-アルファトコフェロール、天然Dアルファトフェロール、大豆由来の天然D-アルファトコフェロール、大豆由来のフィトステロール、大豆由来の植物油ステロールによる植物スタノールエステルを除く)
  • ミルクおよび乳製品(ラクトースを含む/エチルアルコールを含むアルコール蒸留物の製造に使用するホエイとラクチトールを除く)
  • ナッツ(アーモンド、ヘーゼルナッツ、クルミ、カシューナッツ、ペカンナッツ、ブラジルナッツ、ピスタチオ、マカダミアナッツ、クイーンズランドナッツ)およびナッツ製品(エチルアルコールを含むアルコール蒸留物の製造に使用されるナッツを除く)
  • セロリおよびセロリ製品
  • マスタードおよびマスタード製品
  • ごまおよびごま製品
  • 消費可能な製品中の総SO2に対して10mg/kgまたは10mg/Lを超える濃度の二酸化硫黄および硫黄
  • ルピナスおよびルピナス製品
  • 軟体動物および軟体動物製品

原産国

これは、牛肉、ハチミツ、果物、野菜、魚、オリーブオイルなど一部の商品で必須のラベル要件です。以下の詳細説明をご覧ください。

  • 加工されていない牛肉、豚肉、羊肉、ヤギ肉、鶏肉には、「飼育地」と「屠殺地」が表示されている必要があります。
  • 原産国は、表示しないと誤解を招くおそれのある場合(フランスで製造された食品に「イタリア本場の味」という説明など)に表示する必要があります。
  • また、表示された原産国または食品の産地が、主な原材料の原産国または食品の産地と同じではない場合は、主な原材料の原産国または食品の産地(デンマーク製のハムを使用してフランスで製造された食品など)を記載する必要があります。
  • EU規則2011/1169に従って、商品の原産国(1か国のみ)を表示する必要があります。ただし、特定の商品は季節商品であるため、原産国が変わったり、年間を通してさまざまな場所から仕入れたりする場合があります。主な目的は販売時点で、商品の出所(原産地)に関する明確な情報を購入者に提供することです。この情報は、誤解を招くものであってはなりません。1つの商品に該当する原産国が複数ある場合は、すべての原産国を商品詳細ページに記載することをお勧めします。ただし、季節に応じて原産国が変わる可能性があることや、理由を問わず原産国を確定できないという記述を含めてください。商品が購入者に配送される際に、その商品の原産国がラベルに正しく表示されていることが重要です。
  • Amazonの現在の世界的なビジネスポリシーにより、特定の国からの商品の販売が制限されています。詳しくは、こちらから箇条書きされた「制限対象国および地域の商品」をご覧ください。

表示

食品の表示は、虚偽、曖昧、または誤解を招くものであってはならず、関連する要件を遵守する必要があります。

一般的に、食品に関する表示において、以下について虚偽、曖昧、または誤解を招くものは使用できません。

  • 品質またはサイズ
  • 価格
  • 成分
  • 製造日、製造場所、および製造方法
  • (食品から得られると主張する)効能
  • 食品を推薦する個人または組織

食品またはその成分が病気や体調不良の治療や予防、治癒に役立つという表示は禁止されています。これらは薬効表示と見なされ、食品表示とは見なされないためです。詳しくは、以下の健康に関する表示のセクションをご覧ください。

また、EU規制(EC)No 1924/2006で承認された栄養と健康に関する表示のみ使用できます。

栄養に関する表示

栄養に関する表示とは、エネルギーや特定の栄養素または物質を含む、含まない、多い、少ないことにより、食品に特定の有益な栄養特性があることを明示、暗示、含意する表示です。栄養に関する表示では、食品の栄養成分に関する情報を提供します。たとえば、「カルシウム含有」、「低脂肪」、「高繊維」、「減塩」などです。

EU規制(EC)No 1924/2006の附属書に記載されている、栄養に関する表示は、食品に関連する内容であり、商品がその表示に関する特定の使用条件を満たしている場合にのみ記載できます。たとえば、「低脂肪」は、固形物100gあたり脂肪3g以下の商品にのみ使用できます。 詳しくは、こちらのリンクをクリックしてください。

健康に関する表示

健康に関する表示とは、食品群、食品、または食品構成要素と健康との間に関連性があることを明示、暗示、含意する表示です。欧州食品安全庁(EFSA)および委員会によって承認された健康に関する表示のみが許可されます。EU Registerには、特定の健康に関する表示のリスト、その評価の結果(承認されているかどうか)、および使用条件が記載されています。具体的な健康に関する表示の例としては、「カルシウムは正常な骨の維持を助ける」などがあります。「健康に良い」や「健康的」など、一般的で特定できない表示については、EU Registerに記載された、承認済みの関連した特定の健康に関する表示が併記されている場合に、使用条件を満たしていれば許可される可能性があります。

健康に関する表示では、以下を行うことができません。

  • 虚偽またはあいまいである、もしくは誤解を招く。
  • 食品を消費しないと、健康に影響を及ぼす可能性があることを暗示する。
  • 減量の割合または量に言及する。
  • 個人の医師または医療従事者の推薦に言及する。
  • 食品の過剰な消費を推進または容認する。
  • バランスのとれた食事でも、必要な栄養素を摂取できないことを示唆する。
  • 他の食品の安全性や栄養学的特性について疑念を抱かせる。
  • 消費者に不安を感じさせたり、煽ったりするおそれのある身体機能の変化について言及する。

栄養と健康に関する表示については、平均的な消費者が、表示通りの有益な効果を理解すると期待できる場合にのみ許可されます。前述のとおり、一般的な健康に関する表示(「スーパーフード」や「健康に良い」など)が使われている場合は、特定の健康に関する表示を併記する必要があります。例として、「スーパーフード」と見なされる理由を説明する必要があります。たとえば、サバは、バランスのとれた健康的な食事の一部として、オメガ3脂肪酸を含有しているため、スーパーフードと見なすことができます。そのため、表示には 「オメガ3脂肪酸のEPAとDHAは、正常な心機能に寄与します」と明記できます。ただし、オメガ3脂肪酸の由来(「100gあたりXmgのエイコサペンタエン酸とドコサヘキサエン酸が含まれている」)を説明する必要があります。また、この健康に関する表示を使用するには、1日あたり250mgのEPAおよびDHAを摂取することで、有益な効果が得られることを購入者に伝える必要があります。

商品詳細ページのラベル貼付と商品ラベルの詳しい説明

商品の画像にラベルを貼付する方法

提供する必要のあるメイン画像と、そのようにタグ付けされた名前は、以下のように太字で強調表示されます。

  1. メイン画像: パッケージ正面からの画像
  2. PT01: パッケージ背面からの画像
  3. PT02: 左側面画像
  4. PT03: 右側面画像
  5. PT04: パッケージ上面からの画像
  6. PT05: パッケージ底面からの画像
  7. FACT: 栄養成分情報の画像
  8. INGR: 成分の画像
  9. PT12: 画像の拡大/縮小
  10. DTLS: まとめ売り商品に該当する場合(販売可能または販売不可の単一商品を参照)

決済ファイルへの入力方法

食品&飲料やヘルス&パーソナルケアの在庫ファイルテンプレート(フィードファイル)には特定の項目が含まれており、追加の食品情報を提供するために使用する必要があります。「食品&飲料」または「ヘルス&パーソナルケア」用の在庫ファイルテンプレートの最新バージョンを使用して、提出した情報が最新のものであることを確認してください。たとえば、「栄養補助食品」の商品については、「ヘルスケア&パーソナルケア」のフィードファイルを使用して、feed_product_type「栄養補助食品」を選択します。最新バージョンの完全版ファイルはこちらからダウンロードできます。

出品者は、出品商品が法的要件を満たしているかどうかを確認するものとし、これに一切の責任を負うものとします。Amazonで法的なアドバイスを提供することはできません。商品について提供する必要がある情報に関して不明な点がある場合や、法的要件に関して不明な点がある場合は、個別に法的アドバイスを受けることを強くお勧めします。商品に適用されるものとしては、規制(EU)No.1169/2011に加えて、規制のラベル貼付要件もあります。

食品に関する情報は、常に商品を出品しているマーケットプレイスの言語で提供する必要があります。通常、基準を満たすには、商品詳細ページの情報が商品パッケージの情報と完全に一致している必要があります。

表 1. 商品を出品する際に入力しなければならない項目の概要については、以下の表をご覧ください。
件名 フィールド名 注意事項や例*
食品の説明 item_type_name

一部の食品では、商品が一定の基準を満たしている場合に、正式名称(ジャムなど)を使用する必要があります。満たしていない場合は、慣習的な名前(ベイクウェルタルトなど)を使用できます。正式名称には、その物理的な状態に関する情報を含めるか追記する必要があります。たとえば、粉状、再冷凍、フリーズドライ、急速冷凍、濃縮、燻製などです。また、照射や低温殺菌などの物理的な加工が行われたかどうかを記載する必要があります。

上記に該当しない場合は、わかりやすい名前(トマトソースのパスタなど)を使用する必要があります。

使用できる3種類の商品タイプ名の例を以下に示します。

  • 正式名称(規制の要件): 「ミルクチョコレート」(例:キャドバリーデイリーミルク)
  • 慣習的な名称(追加説明がなくても消費者に受け入れられる): 「ヨークシャープディング」、「フラップジャック」
  • わかりやすい名前(正式名または慣習的な名称がない場合): 「ココアフィリング(46%)のチョコレートスポンジケーキ」(ネスレのクイックミルクスライスチョコレートフレーバーの場合)「トマトソース、モッツァレラチーズ、レッドチェダーチーズ、ホワイトチェダーチーズを乗せた石焼きピザベース」(Goodfella's TakeawayのThe Big Cheeseの場合)

原材料の一覧 ingredients

成分を分量の降順で表示します。アレルギー物質(完全版リストについてはこの規制の付属書IIにあります)は、すべて大文字で記述する必要があります。例:「砂糖、パームオイル、HAZELNUTS(13%)、低脂肪ココア(7.4%)、Skimmed MILK Powder(6.6%)、ホエイパウダー(MILK)、乳化剤: レシチン(SOY)、バニリン」

ラベルの言語 language_value ラベルに表示されている言語、または同梱される説明書や書類の言語を指定します。例:「フランス語」

栄養成分情報

この値は必ず必須の栄養成分表示に含める必要があります。食品サプリメントや天然ミネラルウォーターには適用されません。

serving_size

指定された栄養成分情報に基づいた1食あたりのサイズ。1食あたりのサイズは、液体(コーク、パスタソースなど)100mlと、すべての固形商品(チョコレート、パスタ、パンなど)100gに設定されています。

100mlまたは100gの場合:

  1. serving_sizeに「100」を追加
  2. serving_size_unit_of_measureに、選択する単位として「ML」または「Gr」を追加

energy_content_per_serving_string

ここで指定した1食あたりのエネルギー量をKJ数で追加します。エネルギーはkcal数に換算されて商品詳細ページに表示されます

2500kJの場合:

  1. energy_content_per_serving_stringに「2500」を追加
  2. energy_content_unit_of_measureに、選択する単位として「KJ」を追加

total_fat_per_serving_string

入力した1食あたりの総脂肪量をグラム数で入力します。

12gの場合:

  • total_fat_per_serving_stringに「12」を追加(単位は自動的に入力される)

saturated_fat_per_serving_string

入力した1食あたりの飽和脂肪酸の量をグラム数で入力します。

11gの場合:

  • saturated_fat_per_serving_stringに「11」を追加(単位は自動的に入力される)

total_carbohydrate_per_serving_string

入力した1食あたりの炭水化物の量をグラム数で入力します。

20gの場合:

  • total_carbohydrate_per_serving_stringに「20」を追加(単位は自動的に入力される)

sugars_per_serving_string

入力した1食あたりの砂糖の量をグラム数で入力します。

17gの場合:

  • sugars_per_serving_stringに「17」を追加(単位は自動的に入力される)

protein_per_serving_string

入力した1食あたりのタンパク質の量をグラム数で入力します。

8gの場合:

  • protein_per_serving_stringに「8」を追加(単位は自動的に入力される)

salt_per_serving_string

入力した1食あたりの塩の量をグラム数で入力します。

これはナトリウムの量ではありません

0.1gの場合:

  • salt_per_serving_stringに「0,1」を追加(単位は自動的に入力される)

正味量 solid_net_weight

この項目は、排水重量を示すために使用されます。商品に商品本体に含まれない液体媒体に入っている場合(例:シロップ漬けのピーチ)、この項目の入力が必須です。

例: 50gまたは50kgの場合:

  1. solid_net_weightに「50」を追加
  2. item_display_weight_unit_of_measureに、選択する単位として「GR」または「KG」を追加

item_display_weight

量的成分表示(QUID)

QUIDは、食品に含まれる特定の成分の割合を消費者に示します。

商品の表示重量を入力します(該当する場合)。法的な理由により、この項目への入力が必須である場合があります。

次の場合は、QUIDを表示する必要があります。

  • 商品名に成分名が含まれる(ピーチヨーグルトなど)
  • 食品の名称に成分のカテゴリー名が含まれる(白身魚のフライなど)
  • 食品の名称に成分名の組み合わせが使用されている(シーフードラザニアなど)
  • 慣習的な名称で商品が識別され、それ以上の説明が提供されていない(チリコンカンなど)
  • 成分は、食品の特徴を明らかにし、混同する可能性がある他の商品と区別するために不可欠です。

例: 200mlまたは200リットルの場合:

  1. item_display_volumeに「200」を追加
  2. item_display_weight_unit_of_measureに、選択する単位として「ML」または「L」を追加

item_display_volume

商品の表示容量を入力します(該当する場合)。この項目への入力が、法的な理由で必須の場合があります。

例: 200mlまたは200リットルの場合:

  1. item_display_volumeに「200」を追加
  2. item_display_weight_unit_of_measureに、選択する単位として「ML」または「L」を追加

保存と使用に関する指示 storage_instructions

商品が適切に保管されない特別な条件(開封後の保存可能期間を短縮する場合についての説明など)がある場合、これは必須要件です。品質保持期限が「使用期限」として表示されている場合は、保存に関する指示を記載する必要があります。

例:「開封後は涼しい場所に保管」、「冷蔵庫に保存」、「開封後は冷たく、乾燥した場所に保管する」

use_by_recommendation

最低品質保持期限に関連する特別な指示(ラベルの賞味期限を満たすための保管条件など)がある場合は、ここに追加する必要があります。

例:「開封後1週間」、「+4~+7℃で」

serving_recommendation

食べ方に特別な推奨情報があればここに追加します。

例:「常温でお召し上がりください」

アレルギーや不耐症を引き起こす可能性のある原材料や添加物 allergen_information

商品にアレルギー物質が含まれている場合には、この情報は必須ですが、成分一覧は必須ではありません。

例:「硫黄」(ワインの場合)、例:「ミルク」

special_ingredients

商品に食品添加物が含まれているにもかかわらず、成分一覧がない場合には、これは必須です。

例:「保存料を含む」

注意事項 safety_warning

商品に関して、それを守らないと消費者に危害が及ぶ可能性のある警告がある場合、この注意事項は必須のラベル貼付要素となります。

例:「加圧容器。直射日光の当たらない場所に保管。」「12か月未満の乳幼児には適さない」「高カフェイン含有量。子ども、妊婦や授乳中の女性にはお勧めしません」

使用方法 Directions

準備しないと消費できない商品の場合は、この使用方法が必須です。

例:「スパゲッティを熱湯に入れ、かきまぜながら約12分間調理する。」

食品事業者の名称と住所 manufacturer_contact_information

食品を販売するメーカー(または、EUで設立されていない場合は輸入業者)の名前と会社住所を入力します。

例:このラベルの構成要素:名前、通り名と番地、郵便番号、都市名、国名(例:Example GmbH、Examplestreet 1-2,10555 Berlin、Germany)

原産国または製造国 country_of_origin

商品の原産国です。たとえば、植物が製造または収穫された場所、動物を育てて屠殺した場所、魚が捕獲された場所などです。

例: ブラジル

country_string

これは、商品が加工/製造/梱包された国です。原産国と加工国が同じかどうかを示す必要はありません。

例: 鶏の原産国は「ブラジル」であるが、加工国は「ドイツ」(肉を切るなど)となる場合

primary_ingredient_country_of_origin

商品詳細ページに原産国が表示されているが、主な原材料(=主成分)の原産国が異なる場合は、ここに主な原材料の原産国を追加してください。

例: ヨーグルトの原産国は「ドイツ」であるが、ミルクは「フランス」製の場合

primary_ingredient_location_produced 商品詳細ページに処理国が表示されているものの、主な原料(=主原料)の加工国が異なる場合は、ここに主な原材料の国を追加します。
アルコール度数が1.2%を超える飲料のアルコール含有量についての詳細 alcohol_content

アルコール含有量が1.2%を超えるすべての飲料について、ラベルの貼付が義務付けられています。

例:度数12%の場合:

  1. alcohol_contentに「12」を追加
  2. alcohol_content_unit_of_measureに、選択する単位として「percent_by_volume」を追加

*一部の項目では、特定の値のみが使用できます。

出品者は、出品商品が法的要件を満たしているかどうかを確認するものとし、これに一切の責任を負うものとします。Amazonで法的なアドバイスを提供することはできません。商品について提供する必要がある情報に関して不明な点がある場合や、法的要件に関して不明な点がある場合は、個別に法的アドバイスを受けることを強くお勧めします。

栄養成分表示の追加情報

必須の栄養成分表示に加えて、ビタミン剤やミネラルなどの栄養素も記載することができます。栄養素には、常に栄養素参照値(%NRV)のパーセンテージを付記する必要があります。 ビタミンやミネラルは、相当量が存在する場合のみ記載できます。食品サプリメントの製造に使用できるのは、指令2002/46/ECおよび修正条項に記載されているビタミンおよびミネラル物質のみです。

相当量は次のように定義されます。

  • 100mlの飲料商品に栄養素参照値の7.5%が含まれる
  • 100gまたは100mlのその他すべての商品に栄養素参照値の15%が含まれる
  • パッケージが単一ポーションの場合に、1ポーションに栄養素参照値の15%が含まれる

栄養成分値に追加できる項目の概要については、以下の表をご覧ください。

件名 フィールド名 注意事項や例
一価不飽和脂肪酸 monounsaturated_fat_per_serving_string 1食あたりの一価不飽和脂肪酸の量をグラム数で入力します。
多価不飽和脂肪酸 polyunsaturated_fat_per_serving_string 1食あたりの多価不飽和脂肪酸の量をグラム数で入力します。
ポリオール sugar_alcohols_per_serving_string 1食あたりのポリオールの量をグラム数で入力します。
デンプン starch_per_serving_string 1食あたりのデンプンの量をグラム数で入力します。
食物繊維 dietary_fibre_per_serving_string 1食あたりの食物繊維の量をグラム数で入力します。
ビタミンA vitamin_a_per_serving_string 1食あたりのビタミンAの量をマイクログラム数で入力します。「ビタミンA」をマイクログラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
ビタミンD vitamin_d_per_serving_string 1食あたりのビタミンDの量をマイクログラム数で入力します。「ビタミンD」をマイクログラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
ビタミンE vitamin_e_per_serving_string 1食あたりのビタミンEの量をミリグラム数で入力します。「ビタミンE」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
ビタミンK vitamin_k_per_serving_string 1食あたりのビタミンKの量をマイクログラム数で入力します。「ビタミンK」をマイクログラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
ビタミンC vitamin_c_per_serving_string 1食あたりのビタミンCの量をミリグラム数で入力します。「ビタミンC」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
チアミン thiamin_per_serving_string 1食あたりのチアミンの量をミリグラム数で入力します。「チアミン」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
リボフラビン vitamin_b2_per_serving_string 1食あたりのビタミンB2の量をミリグラム数で入力します。「ビタミンB2」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
ナイアシン niacin_per_serving_string 1食あたりのナイアシンの量をミリグラム数で入力します。「ナイアシン」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
ビタミンB6 vitamin_b6_per_serving_string 1食あたりのビタミンB6の量をミリグラム数で入力します。「ビタミンB6」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
葉酸 folic_acid_per_serving_string 1食あたりの葉酸の量をマイクログラム数で入力します。「葉酸」をマイクログラムで入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
ビタミンB12 vitamin_b12_per_serving_string 1食あたりのビタミンB12の量をマイクログラム数で入力します。「ビタミンB12」をマイクログラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
ビオチン biotin_per_serving_string 1食あたりのビオチンの量をマイクログラム数で入力します。「ビオチン」をマイクログラムで入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
パントテン酸 pantothenic_acid_per_serving_string 1食あたりのパントテン酸の量をミリグラム数で入力します。「パントテン酸」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
カリウム potassium_per_serving_string 1食あたりのカリウムの量をミリグラム数で入力します。「カリウム」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
塩化物 chloride_per_serving_string 1食あたりの塩化物の量をミリグラム数で入力します。「塩化物」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
カルシウム calcium_per_serving_string 1食あたりのカルシウムの量をミリグラム数で入力します。「カルシウム」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
リン phosphorus_per_serving_string 1食あたりのリンの量をミリグラム数で入力します。「リン」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
マグネシウム magnesium_per_serving_string 1食あたりのマグネシウムの量をミリグラム数で入力します。「マグネシウム」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
鉄分 iron_per_serving_string 1食あたりの鉄分の量をミリグラム数で入力します。「鉄分」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
亜鉛 zinc_per_serving_string 1食あたりの亜鉛の量をミリグラム数で入力します。「亜鉛」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
copper_per_serving_string 1食あたりの銅の量をミリグラム数で入力します。「銅」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
マンガン manganese_per_serving_string 1食あたりのマンガンの量をミリグラム数で入力します。「マンガン」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
フッ化物 fluoride_per_serving_string 1食あたりのフッ化物の量をミリグラム数で入力します。「フッ化物」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
セレン selenium_per_serving_string 1食あたりのセレンの量をマイクログラム数で入力します。「セレン」をマイクログラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
クロム chromium_per_serving_string 1食あたりのクロムの量をマイクログラム数で入力します。「クロム」をマイクログラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
モリブデン molybdenum_per_serving_string 1食あたりのモリブデンの量をマイクログラム数で入力します。「モリブデン」をマイクログラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
ヨウ素 iodine_per_serving_string 1食あたりのヨウ素の量をマイクログラム数で入力します。「ヨウ素」をマイクログラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。

その他の情報

その他の情報については、以下をご覧ください。

外部サービスプロバイダーの例:

会社名 対象マーケットプレイス ウェブサイト 連絡先情報
Ashbury Labelling イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン http://www.ashburylabelling.co.uk/ amazon.sellers@ashburylabelling.co.uk
Bilacon/Tentamus イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン https://www.tentamus.com/ labelling@tentamus.com
Campden BRI イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン https://www.campdenbri.co.uk/

Eurofins イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン

labelling@eurofins.com
Intertek イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン http://www.intertek.com

Leatherhead イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン http://www.intertek.com

Merieux Nutriscience イタリア、スペイン、フランス

labelling@eurofins.com
SGS イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン https://www.sgs.com/

イギリスの要件 - 対象範囲

イギリスの規制はイギリスで販売されるすべての商品に適用されますが、この規制の規定はグレートブリテン(イングランド、スコットランド、およびウェールズ。以下「GB」)と北アイルランドとでは異なる方法で適用されます。北アイルランド(「NI」)の位置付けについて詳しくは、後述の内容をご覧ください。食品(または食料品)とは、加工、一部加工、未加工を問わず、人による摂取が意図または合理的に期待される物質または生産品を指します。以下の食品の例をご覧ください。

  • 乳児用粉ミルクと離乳食品
  • 製菓および調理材料
  • 飲料(ビール&ワインを含む)
  • 調理済みの食品
  • 代用食
  • 缶詰商品
  • シリアル
  • 調味料とスプレッド
  • 商品サプリメント(「健康増進」、「栄養補給」、「ダイエット」、「美容」のサプリメントを含む)
  • ギフトバスケット
  • パスタ・穀物
  • 軽食・デザート
  • 液体(飲料タイプのサプリメント、スープなど)

追加要件が適用される他の食品として、以下のものがあります。

  • 栄養補助食品(指令2002/46/EC)(2003年栄養補助食品(イングランド)規制(改正済み)、およびウェールズ、スコットランド、北アイルランドにおける同等の規制)
  • 代用食
  • 乳児用粉ミルク
  • ジャム(2003年のジャムおよび類似商品(イングランド)規制、およびウェールズ、スコットランド、北アイルランドにおける同等の規制)
  • 魚(規制(EU)No. 1379/2013を、イギリスがブレグジット後も一般的な水産政策(修正など)(EU離脱)規制2019/739として継続してから、自国の法律として改正したもの)
  • 蜂蜜(2015年の蜂蜜(イングランド)規制、およびウェールズ、スコットランド、北アイルランドにおける同等の規制)
  • コーヒー(2001年のコーヒー抽出物およびチコリの根の抽出物に関する規制(イングランド)、およびウェールズ、スコットランド、北アイルランドにおける同等の規制)
  • チョコレート(2003年のココアおよびチョコレート商品に関する規制(イングランド)、およびウェールズ、スコットランド、北アイルランドにおける同等の規制)
  • フルーツジュース(2013年のフルーツジュースおよびフルーツネクターに関する規制(イングランド)、およびウェールズ、スコットランド、北アイルランドにおける同等の規制)
  • チョコレート(指令2000/36/EC)
  • フルーツジュース(指令2001/112/EC)
  • ミネラルウォーター
  • 牛肉および子牛肉(規制(EU)1825/2000をイギリスがブレグジット後も持ち続けて改正したもの)
  • 遺伝子組み換え生物(GMO)を含む食品、またはGMOから製造された食品(規制(EU)1830/2003をイギリスがブレグジット後も持ち続け、遺伝子組み換え生物(改正版)(EU離脱)規制2019/90として継続してから改正したもの)
  • ビール、ワイン、蒸留酒の商品

包装済み商品

このガイダンスは、包装済み食品に適用されます。包装済み商品とは、販売前に包装されており、包装を開封したり取り替えたりしないと変更を加えることができない食品です。たとえば、冷凍食品、果物の缶詰、戸棚に置いておくような基本的な食料品(シリアルやビスケットなど)です。

商品の性質に応じて、必須情報が商品ラベルに記載されている必要があります。適用される要件について詳しくは、以下をご覧ください。

次の商品情報は、包装済み商品の物理的なラベルや商品詳細ページに英語で記載する必要があります。情報は見やすく、判読可能で、フォントサイズの要件に準拠している必要があります。

ウェブサイト掲載商品および包装済み商品の必須要件
商品タイプ 情報の掲載場所 必須情報 必要に応じた情報*例外は後述
包装済み商品 物理的なラベル
  • 食品の正式名称
  • 正味量(重量)
  • 耐久性の表示 - (i)賞味期限の日付(「賞味期限」)、または(ii)食品が非常に痛みやすく、短期間経過しただけで人の健康に直接危険を及ぼす可能性が高い場合は「使用期限」)
  • 企業情報 - EUの食品事業者の名前と住所
  • 成分の一覧
  • アレルギー物質情報
  • 原産国のラベル貼付
  • アルコールの含有量が1.2%を超える飲料(アルコール度数)
  • 量的原材料表示(QUID)
  • 特別な保存方法
  • 使用上の注意
  • 栄養成分表
包装済み商品 商品詳細ページ
  • ただし、上記のとおり、品質保持期限およびロット番号の指定は必要ありません
上記のとおり

商品ラベル、商品詳細ページ、またはその両方に適用される例外については、以下をご覧ください。

*以下の商品は、包装済み商品の品質期限を表示しなくてもよい例外です。これらの例外の場合は、代わりにロット番号を表示することができます。

  • 皮剥き、カット、または同様に処理されていない生鮮の果物と野菜(豆もやしなどの発芽種子や類似商品を除く)
  • ワイン、リキュールワイン、スパークリングワイン、およびブドウ以外の果物から作られた類似商品
  • アルコール度数が10%以上の飲料
  • 通常、製造されてから24時間以内に消費される焼き菓子商品
  • 食塩
  • 砂糖(固形)
  • ほぼ風味付きか着色済みの砂糖のみで作られた製菓商品
  • チューインガムおよび同様の咀嚼商品

*成分一覧のラベル貼付義務の例外(FIC規制の第19条)は、たとえば以下の食品にあります。

  • 新鮮な果物と生鮮野菜(皮を剥いたり切ったりしていないもの)
  • 炭酸水
  • 単体の基本商品に由来する発酵酢で、他の成分を添加していないもの
  • チーズ、バター、発酵乳、クリーム(乳製品、食品酵素、微生物培養物、塩以外の成分が含まれていない場合)
  • 食品名と原材料名が一致する単一成分の商品の場合(小麦粉、米など)

*以下の食品には、栄養成分表示(FIC規制の付属書V)のラベル貼付義務の例外があります。

  • 1つの成分または1つの成分カテゴリーから作られた未加工食品
  • 1つの成分または1つの成分カテゴリーから作られた加工食品で、加工が熟成のみの場合
  • 水(二酸化炭素やフレーバーを加えた水を含む)
  • ハーブおよびハーブの混合物
  • 塩および塩の代用品
  • コーヒー、コーヒー豆、インスタントおよび水溶きコーヒー(脱カフェインも含む)
  • ハーブおよび果物の浸出液、茶、脱カフェイン茶、インスタントまたは水溶き茶、茶エキスで、栄養価に影響しないフレーバー以外の成分が加えられていない場合
  • 発酵酢と酢の代用品(添加された成分がフレーバーのみのものを含む)
  • フレーバー
  • 食品添加物
  • 加工助剤
  • 食品酵素
  • ゼラチン
  • ジャムセッティングコンパウンド
  • イースト
  • チューインガム

注: ジャム、魚、ハチミツ、コーヒー、チョコレート、フルーツジュース、ミネラルウォーター、牛肉、子牛の肉など、特定の食品に関する既存の規則に加えて、これらの一般的な規則が適用されます。
アレルギー物質のラベルの貼付

アレルギー物質として特定された成分は、成分の一覧で強調表示する必要があります。

以下の成分はアレルギー物質です。食品にこれらのアレルギー物質が含まれる場合は、特徴的なタイプセット(すべて大文字など)で強調する必要があります。

1169/2011/EC(この規制をイギリスはブレグジット後も持ち続けて改正しています)の付属書IIに記載されている、アレルギーまたは不耐用性を引き起こすすべての物質または商品については、以下のリストを参照してください。

  • グルテンを含むシリアル。例:小麦、ライ麦、大麦、オート麦、スペルト麦、カムト麦、またはそのハイブリッド種および麦製品(ブドウ糖を含む麦系グルコースシロップ、小麦系マルトデキストリン、大麦に基づくグルコースシロップ、エチルアルコールを含むアルコール蒸留物の製造に使用されるシリアルを除く)
  • 甲殻類および甲殻類製品
  • 卵および卵製品
  • 魚および魚製品(ビタミン剤またはカロチノイド調剤のキャリアとして使用される魚ゼラチン、ビールやワインのファイニング剤として使用される魚ゼラチンまたはアイシングラスを除く)
  • ピーナッツおよびピーナッツ製品
  • 大豆および大豆製品(完全精製大豆油および脂肪、天然混合トコフェロール(E306)、天然D-アルファトコフェロール、天然Dアルファトフェロール、大豆由来の天然D-アルファトコフェロール、大豆由来のフィトステロール、大豆由来の植物油ステロールによる植物スタノールエステルを除く)
  • ミルクおよび乳製品(ラクトースを含む/エチルアルコールを含むアルコール蒸留物の製造に使用するホエイとラクチトールを除く)
  • ナッツ(アーモンド、ヘーゼルナッツ、クルミ、カシューナッツ、ペカンナッツ、ブラジルナッツ、ピスタチオ、マカダミアナッツ、クイーンズランドナッツ)およびナッツ製品(エチルアルコールを含むアルコール蒸留物の製造に使用されるナッツを除く)
  • セロリおよびセロリ製品
  • マスタードおよびマスタード製品
  • ごまおよびごま製品
  • 消費可能な製品中の総SO2に対して10mg/kgまたは10mg/Lを超える濃度の二酸化硫黄および硫黄
  • ルピナスおよびルピナス製品
  • 軟体動物および軟体動物製品

原産国

これは、牛肉、ハチミツ、果物、野菜、魚、オリーブオイルなど一部の商品で必須のラベル要件です。以下の詳細説明をご覧ください。

  • 加工されていない牛肉、豚肉、羊肉、ヤギ肉、鶏肉には、「飼育地」と「屠殺地」が表示されている必要があります。
  • 原産国は、表示しないと誤解を招くおそれのある場合(フランスで製造された食品に「イタリア本場の味」という説明など)に表示する必要があります。
  • また、表示された原産国または食品の産地が、主な原材料の原産国または食品の産地と同じではない場合は、主な原材料の原産国または食品の産地(デンマーク製のハムを使用してフランスで製造された食品など)を記載する必要があります。
  • EU規制2011/1169(イギリス法により継続し、改正)に従って、商品の原産国(1か国のみ)を表示する必要があります。ただし、特定の商品は季節商品であるため、原産国が変わったり、年間を通してさまざまな場所から仕入れたりする場合があります。主な目的は販売時点で、商品の出所(原産地)に関する明確な情報を購入者に提供することです。この情報は、誤解を招くものであってはなりません。1つの商品に該当する原産国が複数ある場合は、すべての原産国を商品詳細ページに記載することをお勧めします。ただし、季節に応じて原産国が変わる可能性があることや、理由を問わず原産国を確定できないという記述を含めてください。商品が購入者に配送される際に、その商品の原産国がラベルに正しく表示されていることが重要です。
  • Amazonの現在の世界的なビジネスポリシーにより、特定の国からの商品の販売が制限されています。詳しくは、こちらから箇条書きされた「制限対象国および地域の商品」をご覧ください。

表示

食品の表示は、虚偽、曖昧、または誤解を招くものであってはならず、関連する要件を遵守する必要があります。

一般的に、食品に関する表示において、以下について虚偽、曖昧、または誤解を招くものは使用できません。

  • 品質またはサイズ
  • 価格
  • 成分
  • 製造日、製造場所、および製造方法
  • (食品から得られると主張する)効能
  • 食品を推薦する個人または組織

食品またはその原材料が病気や体調不良の治療、予防、治癒に役立つという表示も禁止されています。

また、食品について行われる栄養と健康に関する表示に関するEU規制(EC)No. 1924/2006(イギリス法により、栄養に関する規制(改正等)(EU離脱)2019/651として継続し、改正)に基づいて承認された栄養と健康に関する表示のみが、ラベルおよび商品詳細ページに使用できます。

栄養に関する表示

栄養に関する表示とは、エネルギーや特定の栄養素または物質を含む、含まない、多い、少ないことにより、食品に特定の有益な栄養特性があることを明示、暗示、含意する表示です。栄養に関する表示では、食品の栄養成分に関する情報を提供します。たとえば、「カルシウム含有」、「低脂肪」、「高繊維」、「減塩」などです。

EU規制(EC)No. 1924/2006の附属書に記載されている栄養に関する表示は、食品に関連する内容であり、商品がその表示に関する特定の使用条件を満たしている場合にのみ記載できます。たとえば、「低脂肪」は、固形物100gあたり脂肪3g以下の商品にのみ使用できます。 詳しくは、こちらのリンクをクリックしてください。

健康に関する表示

健康に関する表示とは、食品群、食品、または食品構成要素と健康との間に関連性があることを明示、暗示、含意する表示です。許可されるのは、関連する以下の当局が承認した健康に関する表示のみです。

  • イングランド: 厚生および公的介護担当大臣
  • スコットランド: スコットランドの各大臣
  • ウェールズ: ウェールズの各大臣
  • 北アイルランド:厚生省
2021年1月1日以降、健康に関する特定の表示のリスト、それらの表示の評価結果(承認されているかどうかを問わない)、および使用条件を含む登録情報が、イギリス当局によりメンテナンスされます。

健康に関する表示では、以下を行うことができません。

  • 虚偽またはあいまいである、もしくは誤解を招く。
  • 食品を消費しないと、健康に影響を及ぼす可能性があることを暗示する。
  • 減量の割合または量に言及する。
  • 個人の医師または医療従事者の推薦に言及する。
  • 食品の過剰な消費を推進または容認する。
  • バランスのとれた食事でも、必要な栄養素を摂取できないことを示唆する。
  • 他の食品の安全性や栄養学的特性について疑念を抱かせる。
  • 消費者に不安を感じさせたり、煽ったりするおそれのある身体機能の変化について言及する。

栄養と健康に関する表示については、平均的な消費者が、表示通りの有益な効果を理解すると期待できる場合にのみ許可されます。前述のとおり、一般的な健康に関する表示(「スーパーフード」や「健康に良い」など)が使われている場合は、特定の健康に関する表示を併記する必要があります。例として、「スーパーフード」と見なされる理由を説明する必要があります。たとえば、サバは、バランスのとれた健康的な食事の一部として、オメガ3脂肪酸を含有しているため、スーパーフードと見なすことができます。そのため、表示には 「オメガ3脂肪酸のEPAとDHAは、正常な心機能に寄与します」と明記できます。ただし、オメガ3脂肪酸の由来(「100gあたりXmgのエイコサペンタエン酸とドコサヘキサエン酸が含まれている」)を説明する必要があります。また、この健康に関する表示を使用するには、1日あたり250mgのEPAおよびDHAを摂取することで、有益な効果が得られることを購入者に伝える必要があります。

商品詳細ページのラベル貼付と商品ラベルの詳しい説明

商品の画像にラベルを貼付する方法

必須の食品情報は、商品詳細ページにテキストまたは画像形式として記載する必要があります。必須情報を伝えるために画像を使用する場合は、メイン画像(大文字でハイライトされている)が存在し、正しいラベル(成分画像の場合はINGRなど)でタグ付けされていることを確認してください。

  1. メイン画像: パッケージ正面からの画像
  2. PT01: パッケージ背面からの画像
  3. PT02: 左側面画像
  4. PT03: 右側面画像
  5. PT04: パッケージ上面からの画像
  6. PT05: パッケージ底面からの画像
  7. FACT: 栄養成分情報の画像
  8. INGR: 成分の画像
  9. PT12: 画像の拡大/縮小
  10. DTLS: まとめ売り商品に該当する場合(販売可能または販売不可の単一商品を参照)

決済ファイルへの入力方法

食品&飲料やヘルス&パーソナルケアの在庫ファイルテンプレート(フィードファイル)には特定の項目が含まれており、追加の食品情報を提供するために使用する必要があります。「食品&飲料」または「ヘルス&パーソナルケア」用の在庫ファイルテンプレートの最新バージョンを使用して、提出した情報が最新のものであることを確認してください。たとえば、「栄養補助食品」の商品については、「ヘルスケア&パーソナルケア」のフィードファイルを使用して、feed_product_type「栄養補助食品」を選択します。最新バージョンの完全版ファイルはこちらからダウンロードできます。

出品者は、出品商品が法的要件を満たしているかどうかを確認するものとし、これに一切の責任を負うものとします。Amazonで法的なアドバイスを提供することはできません。商品について提供する必要がある情報に関して不明な点がある場合や、法的要件に関して不明な点がある場合は、個別に法的アドバイスを受けることを強くお勧めします。出品商品によっては、規制(EU)No.1169/2011(イギリス法により継続し、改正)に加えて、他の規制のラベル貼付要件が適用される場合があります。

食品に関する情報は、常に商品を出品しているマーケットプレイスの言語で提供する必要があります。通常、基準を満たすには、商品詳細ページの情報が商品パッケージの情報と完全に一致している必要があります。

表 2. 商品を出品する際に入力しなければならない項目の概要については、以下の表をご覧ください。
件名 フィールド名 注意事項や例*
食品の説明 item_type_name

一部の食品では、商品が一定の基準を満たしている場合に、正式名称(ジャムなど)を使用する必要があります。満たしていない場合は、慣習的な名前(ベイクウェルタルトなど)を使用できます。正式名称には、その物理的な状態に関する情報を含めるか追記する必要があります。たとえば、粉状、再冷凍、フリーズドライ、急速冷凍、濃縮、燻製などです。また、照射や低温殺菌などの物理的な加工が行われたかどうかを記載する必要があります。

上記に該当しない場合は、わかりやすい名前(トマトソースのパスタなど)を使用する必要があります。

使用できる3種類の商品タイプ名の例を以下に示します。

  • 正式名称(規制の要件): 「ミルクチョコレート」(例:キャドバリーデイリーミルク)
  • 慣習的な名称(追加説明がなくても消費者に受け入れられる): 「ヨークシャープディング」、「フラップジャック」
  • わかりやすい名前(正式名または慣習的な名称がない場合): 「ココアフィリング(46%)のチョコレートスポンジケーキ」(ネスレのクイックミルクスライスチョコレートフレーバーの場合)「トマトソース、モッツァレラチーズ、レッドチェダーチーズ、ホワイトチェダーチーズを乗せた石焼きピザベース」(Goodfella's TakeawayのThe Big Cheeseの場合)

原材料の一覧 ingredients

成分を分量の降順で表示します。アレルギー物質(完全版リストについてはこの規制の付属書IIにあります)は、すべて大文字で記述する必要があります。例:「砂糖、パームオイル、HAZELNUTS(13%)、低脂肪ココア(7.4%)、Skimmed MILK Powder(6.6%)、ホエイパウダー(MILK)、乳化剤: レシチン(SOY)、バニリン」

ラベルの言語 language_value ラベルに表示されている言語、または同梱される説明書や書類の言語を指定します。例:「英語」

栄養成分情報

この値は必ず必須の栄養成分表示に含める必要があります。食品サプリメントや天然ミネラルウォーターには適用されません。

serving_size

指定された栄養成分情報に基づいた1食あたりのサイズ。1食あたりのサイズは、液体(コーク、パスタソースなど)100mlと、すべての固形商品(チョコレート、パスタ、パンなど)100gに設定されています。

100mlまたは100gの場合:

  1. serving_sizeに「100」を追加
  2. serving_size_unit_of_measureに、選択する単位として「ML」または「Gr」を追加

energy_content_per_serving_string

ここで指定した1食あたりのエネルギー量をKJ数で追加します。エネルギーはkcal数に換算されて商品詳細ページに表示されます

2500kJの場合:

  1. energy_content_per_serving_stringに「2500」を追加
  2. energy_content_unit_of_measureに、選択する単位として「KJ」を追加

total_fat_per_serving_string

入力した1食あたりの総脂肪量をグラム数で入力します。

12gの場合:

  • total_fat_per_serving_stringに「12」を追加(単位は自動的に入力される)

saturated_fat_per_serving_string

入力した1食あたりの飽和脂肪酸の量をグラム数で入力します。

11gの場合:

  • saturated_fat_per_serving_stringに「11」を追加(単位は自動的に入力される)

total_carbohydrate_per_serving_string

入力した1食あたりの炭水化物の量をグラム数で入力します。

20gの場合:

  • total_carbohydrate_per_serving_stringに「20」を追加(単位は自動的に入力される)

sugars_per_serving_string

入力した1食あたりの砂糖の量をグラム数で入力します。

17gの場合:

  • sugars_per_serving_stringに「17」を追加(単位は自動的に入力される)

protein_per_serving_string

入力した1食あたりのタンパク質の量をグラム数で入力します。

8gの場合:

  • protein_per_serving_stringに「8」を追加(単位は自動的に入力される)

salt_per_serving_string

入力した1食あたりの塩の量をグラム数で入力します。

これはナトリウムの量ではありません

0.1gの場合:

  • salt_per_serving_stringに「0,1」を追加(単位は自動的に入力される)

正味量 solid_net_weight

この項目は、排水重量を示すために使用されます。商品に商品本体に含まれない液体媒体に入っている場合(例:シロップ漬けのピーチ)、この項目の入力が必須です。

例: 50gまたは50kgの場合:

  1. solid_net_weightに「50」を追加
  2. item_display_weight_unit_of_measureに、選択する単位として「GR」または「KG」を追加

item_display_weight

量的成分表示(QUID)

QUIDは、食品に含まれる特定の成分の割合を消費者に示します。

商品の表示重量を入力します(該当する場合)。法的な理由により、この項目への入力が必須である場合があります。

次の場合は、QUIDを表示する必要があります。

  • 商品名に成分名が含まれる(ピーチヨーグルトなど)
  • 食品の名称に成分のカテゴリー名が含まれる(白身魚のフライなど)
  • 食品の名称に成分名の組み合わせが使用されている(シーフードラザニアなど)
  • 慣習的な名称で商品が識別され、それ以上の説明が提供されていない(チリコンカンなど)
  • 成分は、食品の特徴を明らかにし、混同する可能性がある他の商品と区別するために不可欠です。

例: 200mlまたは200リットルの場合:

  1. item_display_volumeに「200」を追加
  2. item_display_weight_unit_of_measureに、選択する単位として「ML」または「L」を追加

item_display_volume

商品の表示容量を入力します(該当する場合)。この項目への入力が、法的な理由で必須の場合があります。

例: 200mlまたは200リットルの場合:

  1. item_display_volumeに「200」を追加
  2. item_display_weight_unit_of_measureに、選択する単位として「ML」または「L」を追加

保存と使用に関する指示 storage_instructions

商品が適切に保管されない特別な条件(開封後の保存可能期間を短縮する場合についての説明など)がある場合、これは必須要件です。品質保持期限が「使用期限」として表示されている場合は、保存に関する指示を記載する必要があります。

例:「開封後は涼しい場所に保管」、「冷蔵庫に保存」、「開封後は冷たく、乾燥した場所に保管する」

use_by_recommendation

最低品質保持期限に関連する特別な指示(ラベルの賞味期限を満たすための保管条件など)がある場合は、ここに追加する必要があります。

例:「開封後1週間」、「+4~+7℃で」

serving_recommendation

食べ方に特別な推奨情報があればここに追加します。

例:「常温でお召し上がりください」

アレルギーや不耐症を引き起こす可能性のある原材料や添加物 allergen_information

商品にアレルギー物質が含まれている場合には、この情報は必須ですが、成分一覧は必須ではありません。

例:「硫黄」(ワインの場合)、例:「ミルク」

special_ingredients

商品に食品添加物が含まれているにもかかわらず、成分一覧がない場合には、これは必須です。

例:「保存料を含む」

注意事項 safety_warning

商品に関して、それを守らないと消費者に危害が及ぶ可能性のある警告がある場合、この注意事項は必須のラベル貼付要素となります。

例:「加圧容器。直射日光の当たらない場所に保管。」「12か月未満の乳幼児には適さない」「高カフェイン含有量。子ども、妊婦や授乳中の女性にはお勧めしません」

使用方法 Directions

準備しないと消費できない商品の場合は、この使用方法が必須です。

例:「スパゲッティを熱湯に入れ、かきまぜながら約12分間調理する。」

食品事業者の名称と住所 manufacturer_contact_information

食品を販売するメーカー(または、EUで設立されていない場合は輸入業者)の名前と会社住所を入力します。

例:このラベルの構成要素:名前、通り名と番地、郵便番号、都市名、国名(例:Example GmbH、Examplestreet 1-2,10555 Berlin、Germany)

原産国または製造国 country_of_origin

商品の原産国です。たとえば、植物が製造または収穫された場所、動物を育てて屠殺した場所、魚が捕獲された場所などです。

例: ブラジル

country_string

これは、商品が加工/製造/梱包された国です。原産国と加工国が同じかどうかを示す必要はありません。

例: 鶏の原産国は「ブラジル」であるが、加工国は「ドイツ」(肉を切るなど)となる場合

primary_ingredient_country_of_origin

商品詳細ページに原産国が表示されているが、主な原材料(=主成分)の原産国が異なる場合は、ここに主な原材料の原産国を追加してください。

例: ヨーグルトの原産国は「ドイツ」であるが、ミルクは「フランス」製の場合

primary_ingredient_location_produced 商品詳細ページに処理国が表示されているものの、主な原料(=主原料)の加工国が異なる場合は、ここに主な原材料の国を追加します。
アルコール度数が1.2%を超える飲料のアルコール含有量についての詳細 alcohol_content

アルコール含有量が1.2%を超えるすべての飲料について、ラベルの貼付が義務付けられています。

例:度数12%の場合:

  1. alcohol_contentに「12」を追加
  2. alcohol_content_unit_of_measureに、選択する単位として「percent_by_volume」を追加

*一部の項目では、特定の値のみが使用できます。

出品者は、出品商品が法的要件を満たしているかどうかを確認するものとし、これに一切の責任を負うものとします。Amazonで法的なアドバイスを提供することはできません。商品について提供する必要がある情報に関して不明な点がある場合や、法的要件に関して不明な点がある場合は、個別に法的アドバイスを受けることを強くお勧めします。

栄養成分表示の追加情報

必須の栄養成分表示に加えて、ビタミン剤やミネラルなどの栄養素も記載することができます。栄養素には、常に栄養素参照値(%NRV)のパーセンテージを付記する必要があります。ビタミンやミネラルは、相当量が存在する場合のみ記載できます。食品サプリメントの製造に使用できるのは、指令2002/46/ECおよび修正条項に記載されているビタミンおよびミネラル物質のみです。

相当量は次のように定義されます。

  • 100mlの飲料商品に栄養素参照値の7.5%が含まれる
  • 100gまたは100mlのその他すべての商品に栄養素参照値の15%が含まれる
  • パッケージが単一ポーションの場合に、1ポーションに栄養素参照値の15%が含まれる

栄養成分値に追加できる項目の概要については、以下の表をご覧ください。

件名 フィールド名 注意事項や例
一価不飽和脂肪酸 monounsaturated_fat_per_serving_string 1食あたりの一価不飽和脂肪酸の量をグラム数で入力します。
多価不飽和脂肪酸 polyunsaturated_fat_per_serving_string 1食あたりの多価不飽和脂肪酸の量をグラム数で入力します。
ポリオール sugar_alcohols_per_serving_string 1食あたりのポリオールの量をグラム数で入力します。
デンプン starch_per_serving_string 1食あたりのデンプンの量をグラム数で入力します。
食物繊維 dietary_fibre_per_serving_string 1食あたりの食物繊維の量をグラム数で入力します。
ビタミンA vitamin_a_per_serving_string 1食あたりのビタミンAの量をマイクログラム数で入力します。「ビタミンA」をマイクログラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
ビタミンD vitamin_d_per_serving_string 1食あたりのビタミンDの量をマイクログラム数で入力します。「ビタミンD」をマイクログラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
ビタミンE vitamin_e_per_serving_string 1食あたりのビタミンEの量をミリグラム数で入力します。「ビタミンE」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
ビタミンK vitamin_k_per_serving_string 1食あたりのビタミンKの量をマイクログラム数で入力します。「ビタミンK」をマイクログラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
ビタミンC vitamin_c_per_serving_string 1食あたりのビタミンCの量をミリグラム数で入力します。「ビタミンC」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
チアミン thiamin_per_serving_string 1食あたりのチアミンの量をミリグラム数で入力します。「チアミン」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
リボフラビン vitamin_b2_per_serving_string 1食あたりのビタミンB2の量をミリグラム数で入力します。「ビタミンB2」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
ナイアシン niacin_per_serving_string 1食あたりのナイアシンの量をミリグラム数で入力します。「ナイアシン」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
ビタミンB6 vitamin_b6_per_serving_string 1食あたりのビタミンB6の量をミリグラム数で入力します。「ビタミンB6」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
葉酸 folic_acid_per_serving_string 1食あたりの葉酸の量をマイクログラム数で入力します。「葉酸」をマイクログラムで入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
ビタミンB12 vitamin_b12_per_serving_string 1食あたりのビタミンB12の量をマイクログラム数で入力します。「ビタミンB12」をマイクログラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
ビオチン biotin_per_serving_string 1食あたりのビオチンの量をマイクログラム数で入力します。「ビオチン」をマイクログラムで入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
パントテン酸 pantothenic_acid_per_serving_string 1食あたりのパントテン酸の量をミリグラム数で入力します。「パントテン酸」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
カリウム potassium_per_serving_string 1食あたりのカリウムの量をミリグラム数で入力します。「カリウム」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
塩化物 chloride_per_serving_string 1食あたりの塩化物の量をミリグラム数で入力します。「塩化物」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
カルシウム calcium_per_serving_string 1食あたりのカルシウムの量をミリグラム数で入力します。「カルシウム」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
リン phosphorus_per_serving_string 1食あたりのリンの量をミリグラム数で入力します。「リン」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
マグネシウム magnesium_per_serving_string 1食あたりのマグネシウムの量をミリグラム数で入力します。「マグネシウム」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
鉄分 iron_per_serving_string 1食あたりの鉄分の量をミリグラム数で入力します。「鉄分」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
亜鉛 zinc_per_serving_string 1食あたりの亜鉛の量をミリグラム数で入力します。「亜鉛」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
copper_per_serving_string 1食あたりの銅の量をミリグラム数で入力します。「銅」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
マンガン manganese_per_serving_string 1食あたりのマンガンの量をミリグラム数で入力します。「マンガン」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
フッ化物 fluoride_per_serving_string 1食あたりのフッ化物の量をミリグラム数で入力します。「フッ化物」をミリグラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
セレン selenium_per_serving_string 1食あたりのセレンの量をマイクログラム数で入力します。「セレン」をマイクログラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
クロム chromium_per_serving_string 1食あたりのクロムの量をマイクログラム数で入力します。「クロム」をマイクログラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
モリブデン molybdenum_per_serving_string 1食あたりのモリブデンの量をマイクログラム数で入力します。「モリブデン」をマイクログラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。
ヨウ素 iodine_per_serving_string 1食あたりのヨウ素の量をマイクログラム数で入力します。「ヨウ素」をマイクログラム数で入力すると、1日の必要量の割合が自動的に算出され、商品詳細ページに表示されます。

北アイルランド

北アイルランド(NI)の議定書の結果、2021年1月1日以降、NIには異なる規制が適用されます。具体例:

  • NIで販売する商品がEUの要件を満たしている必要があります。
  • 輸入業者として扱われるのは、EUまたはNIに拠点を持ち、EUおよび北アイルランド以外の国(GBを含む)からの商品をNIに販売する出品者です。NIで販売する商品には、EU/NIに拠点を置く輸入業者の詳細を記載する必要があります。
  • 「北アイルランドの対象商品」は、CEマークを付けることでGBで販売できます。イギリス政府は、この仕組みに関するガイダンスを発行する予定です。

北アイルランドで健康に関する表示を承認する関連当局は保健局です。

ブレグジット: イギリス政府によるガイダンス

イギリス政府は、2021年1月1日から適用される、GBおよびNIでの商品の販売に関するガイダンスを公開しました。2021年1月1日以降に影響する可能性のある変更に関するガイダンスをイギリス政府の以下のウェブサイトでご覧になることをお勧めします。 イギリスの移行

その他の情報

その他の情報については、以下をご覧ください。

外部サービスプロバイダーの例:

会社名 対象マーケットプレイス ウェブサイト 連絡先情報
Ashbury Labelling イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン http://www.ashburylabelling.co.uk/ amazon.sellers@ashburylabelling.co.uk
Bilacon/Tentamus イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン https://www.tentamus.com/ labelling@tentamus.com
Campden BRI イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン https://www.campdenbri.co.uk/

Eurofins イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン

labelling@eurofins.com
Intertek イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン http://www.intertek.com

Leatherhead イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン http://www.intertek.com

SGS イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン https://www.sgs.com/

よくある質問:

1.アップロードできる画像は何枚までですか。

商品を正面から撮影した「メイン画像」のほかに、別の角度から撮影した商品パッケージの画像を8枚まで追加でアップロードできます。

2.栄養成分が「2カプセルあたり」のように表示されている栄養補助食品を出品します。「serving_size」の項目にはどのように入力したらよいですか。

現在、「serving_size」の項目に入力できるのは重量の値のみであり、「カプセル」や「大さじ」などの値は入力できません。このような情報については、product_descriptionフィールドに追加するか、食品情報が印字されている商品パッケージの画像を追加でアップロードすることをお勧めします。

3.多くの項目で、最後に「_string」が付いている(例:「protein_per_serving_string」)のはなぜですか。

在庫ファイルテンプレート(フィードファイル)の旧バージョンでは、栄養成分の項目が数値形式でした。最新の更新(バージョン14.1202)で既存の項目が変更され、文字列形式の新しい項目が追加されました。たとえば、「protein_per_serving」は「protein_per_serving_string」に変更されました。文字列形式の新しい項目には、栄養成分表示に必要な「<」や「>」などの記号も入力できます。

4.新しいフィードファイルでunit_of_measureの項目がなくなったのはなぜですか。

新しい法律によると、栄養表示は事前に決められた単位(該当する場合)で入力する必要があります。たとえば、たんぱく質はグラム数で入力する必要があります。数量のみを入力するようにしてください(必要な場合は、「<」などの記号も入力できます)。商品詳細ページでは、「グラム」が自動的に追加されます。

5.成分一覧でアレルギー物質を強調するにはどうしたらよいですか。

成分一覧でアレルギー物質を強調する必要がある場合は、大文字を使用することをお勧めします(例:「MILK」)。HTMLやその他の形式は処理できないため、使用しないでください。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates